千葉県、雷と突風及び降ひょうに関する気象情報が発表

公開日 2022年11月13日 16:12,

更新日 2022年11月13日 16:12

発表から1日以上が経過した情報です。

11月13日16時9分、銚子地方気象台は、千葉県に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために雷と突風及び降ひょうに関する気象情報を発表した。

銚子地方気象台の発表内容

千葉県では、14日未明にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨、降ひょうに注意してください。

気象状況と予想

北海道付近の低気圧からのびる寒冷前線が日本海を南下しています。一方、本州南岸を低気圧が東北東に進んでいます。寒冷前線や低気圧は14日未明には関東の東に達する見込みです。

寒冷前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、千葉県では、14日未明にかけて、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

防災事項

千葉県では、14日未明にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

また、降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

補足事項

「雷と突風及び降ひょうに関する千葉県気象情報」は、本号限りとしますが、今後発表する防災気象情報に留意してください。

2022/11/13 16:09 銚子地方気象台 発表

わたしたちについて

付近の気象・災害情報

🗞 最新のニュース

もっと見る

💡 最新のニュース解説

Appleは、なぜXRに注力するのか?

有料記事 / テクノロジー

なぜ今、アフリカの文化財が返還されているのか = 植民地主義からの脱却?

無料記事 / 社会

フォアグラは、なぜ批判されているのか = 今後、食べられない可能性も?

有料記事 / 社会

世界は人口減・高齢化に直面 = 今後どんな問題が指摘?

有料記事 / 社会問題・人権

政府による原発再推進、クリアすべき課題は何か?

有料記事 / 政治

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。