東京都(伊豆諸島)、大雨と雷及び突風に関する気象情報が更新

公開日 2022年11月22日 16:30,

更新日 2022年11月24日 05:34

発表から1日以上が経過した情報です。

11月24日5時28分、気象庁本庁は、東京都(伊豆諸島)に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために発表していた気象情報を更新した。

気象庁本庁の発表内容

伊豆諸島では、大雨や竜巻などの激しい突風のおそれはなくなりました。

気象状況と予想

前線を伴った低気圧が関東の東を東北東へ進んでいます。低気圧は伊豆諸島から遠ざかりつつあり、伊豆諸島での大気の非常に不安定な状態は解消しました。

防災事項

大雨・雷・突風

伊豆諸島では、大雨や竜巻などの激しい突風のおそれはなくなりました。

雨の実況

降り始め(22日21時00分)から24日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)

大島元町 173.5ミリ

大島北の山 101.5ミリ

三宅島神着 100.5ミリ

新島川原 97.0ミリ

補足事項

今後発表する防災気象情報に留意してください。

令和3年10月7日の地震で揺れの大きかった足立区と令和4年1月4日の地震で揺れの大きかった小笠原村では、大雨警報・注意報の土壌雨量指数基準を通常より引き下げた暫定基準で運用しています。

また、土砂災害や浸水害及び洪水害の危険度に関しては「気象庁ホームページ」のキキクル(危険度分布)をご確認ください。

「大雨と雷及び突風に関する東京都(伊豆諸島)気象情報」は、これで終了します。

2022/11/24 05:28 気象庁本庁 発表

わたしたちについて

付近の気象・災害情報

🗞 最新のニュース

もっと見る

💡 最新のニュース解説

Appleは、なぜXRに注力するのか?

有料記事 / テクノロジー

なぜ今、アフリカの文化財が返還されているのか = 植民地主義からの脱却?

無料記事 / 社会

フォアグラは、なぜ批判されているのか = 今後、食べられない可能性も?

有料記事 / 社会

世界は人口減・高齢化に直面 = 今後どんな問題が指摘?

有料記事 / 社会問題・人権

政府による原発再推進、クリアすべき課題は何か?

有料記事 / 政治

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。