静岡県、大雨と雷及び突風に関する気象情報が更新

公開日 2022年11月28日 16:22,

更新日 2022年11月30日 05:20

発表から1日以上が経過した情報です。

11月30日5時15分、静岡地方気象台は、静岡県に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために発表していた気象情報を更新した。

静岡地方気象台の発表内容

静岡県では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。引き続き30日朝にかけて土砂災害に注意してください。

気象概況

前線が北日本から東日本を通って南西諸島にのびています。静岡県では、警報級の大雨や竜巻などの激しい突風、落雷のおそれはなくなりましたが、これまでの大雨により地盤の緩んでいる所があります。

雨の実況

降り始め(28日12時00分)から30日5時00分までの降水量(アメダスによる速報値)

伊豆市天城山 169.0ミリ

川根本町 142.5ミリ

静岡市井川 141.0ミリ

静岡市有東木 138.5ミリ

藤枝市高根山 137.0ミリ

防災事項

土砂災害に注意してください。

補足事項

今後発表する防災気象情報に留意してください。また、土砂災害、浸水害、洪水害の危険度に関しては、10分毎に更新されるこれらのキキクル(危険度分布)を確認してください。

これで、「大雨と雷及び突風に関する静岡県気象情報」は終了します。

2022/11/30 05:15 静岡地方気象台 発表

わたしたちについて

付近の気象・災害情報

🗞 最新のニュース

もっと見る

💡 最新のニュース解説

Appleは、なぜXRに注力するのか?

有料記事 / テクノロジー

なぜ今、アフリカの文化財が返還されているのか = 植民地主義からの脱却?

無料記事 / 社会

フォアグラは、なぜ批判されているのか = 今後、食べられない可能性も?

有料記事 / 社会

世界は人口減・高齢化に直面 = 今後どんな問題が指摘?

有料記事 / 社会問題・人権

政府による原発再推進、クリアすべき課題は何か?

有料記事 / 政治

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。