9月24日10時58分、気象庁が台風15号(タラス)に関する情報を発表

公開日 2022年09月23日 10:04,

更新日 2022年09月24日 11:00

9月24日10時58分、気象庁は台風15号(タラス)の接近・上陸などに関する以下の情報を発表した。

気象庁の発表内容

台風第15号は、24日9時に温帯低気圧に変わりました。温帯低気圧は24日は東日本の太平洋側を東北東へ進む見込みです。台風から変わった温帯低気圧や前線の影響により、東日本の太平洋側や北日本では25日にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

台風の現況と予想

台風第15号は24日9時に温帯低気圧に変わりました。温帯低気圧は24日は東日本の太平洋側を東北東へ進む見込みです。また、北日本から東日本の日本海側へのびる前線が今後北日本から東日本を通過し、24日夜には日本の東で台風から変わった温帯低気圧からのびる前線とつながるでしょう。前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、東日本の太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となっています。

防災事項

大雨・雷・突風

東日本の太平洋側を中心に激しい雨や非常に激しい雨が降っており、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があります。東日本の太平洋側や北日本では24日にかけて雷を伴って激しい雨や非常に激しい雨が降り、25日にかけて大雨となるでしょう。

25日12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、

関東甲信地方 100ミリ

東北地方 80ミリ

北海道地方、東海地方 60ミリ

の見込みです。

東日本の太平洋側や北日本では25日にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

また、東日本の太平洋側を中心に落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

補足事項

地元気象台の発表する警報や注意報、竜巻注意情報、早期注意情報、気象情報等に留意してください。これで「令和4年 台風第15号に関する情報(総合情報)」は終了します。

2022/09/24 10:58 気象庁本庁 発表

関連する気象情報

わたしたちについて

🗞 最新のニュース

もっと見る

💡 最新のニュース解説

なぜカタールで、W杯が開催されたのか?

有料記事 / 国際

Instagram が NFTの売買機能を開始する狙いは? = メタバースやクリエイターエコノミーとも関連

有料記事 / テクノロジー

国連、日本における障害者の権利について改善求める = なにが論点?

有料記事 / 社会問題・人権

Twitterはどのように変化し、今後どんな課題への直面が予想されるか?

有料記事 / テクノロジー

なぜ中国はゼロコロナ政策に固執し、それは行き詰まっているのか?

有料記事 / 社会

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。