政治・国際関係に関する記事

SNSでおすすめする
政治・国際関係

トランプは、2020年大統領選挙で再選する:デフォルト効果が支配するアメリカ政治

無料記事

ほとんどのアメリカ国民は、トランプのことを好んでいない。しかし彼は、2020年に再選される可能性が高い。この相反する事実は、どのように現実となるのだろうか?一般的に、現状に不満を抱いている人々でさえも···
石田健
政治・国際関係

ロシア・反プーチン政治家ら、相次いで化学薬品によって攻撃[ニュース]

無料記事

ロシアで、野党政治家や反プーチン活動家に対する攻撃がエスカレートしている。4月27日には、野党政治家アレクセイ・ナヴァルニーが緑の薬物を顔にかけられ、その翌日にはロシア統一民主党「ヤブロコ」のナターヤ···
石田健
政治・国際関係

なぜトルコは、Wikipediaを遮断するのか?[ニュース解説]

無料記事

大統領権限の強化を目指した選挙の後、混乱が続いているトルコだが、新たにWikipediaの遮断を行った。Wikipediaに掲載された記事に、トルコ政府とテロ組織の関係を主張する記述があり、これをWi···
石田健
政治・国際関係

なぜロシアのハッカーは、ヒラリーの次にマクロン候補を狙うのか?[ニュース解説]

無料記事

フランス大統領選挙で、マリーヌ・ルペンとの決選投票に進んだエマニュエル・マクロンが、サイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。マクロンを攻撃したハッカーは、昨年の米・大統領選挙でヒラリー・クリント···
石田健
政治・国際関係

なぜアメリカは北朝鮮を攻撃せず、現時点で武力衝突の可能性は低いのか? [ニュース解説]

無料記事

北朝鮮情勢の緊迫が続いているが、専門家の間ではアメリカから北朝鮮を攻撃することは現実的に困難とされている。北朝鮮からの挑発も、従来からの延長線上だと言える。シリアは攻撃したのになぜ?アメリカが北朝鮮を···
石田健
政治・国際関係

なぜ明後日のフランス第1回大統領選挙に注目するべきか?[ニュース解説]

無料記事

フランスで23日、第1回大統領選挙が開催される。51%を獲得する候補者がいればすぐに大統領が決まるが、決選投票となる可能性が高い。現在の有力候補は4人だが、どこに注目するべきか?各候補とシナリオ①マリ···
石田健
政治・国際関係

「朝鮮人虐殺の報告書を削除」は朝日新聞による誤報? [ニュース・追記あり]

無料記事

政府調査会の災害に関する報告書が内閣府サイトから削除されていると朝日新聞が報じた問題で、削除は「サイト・リニューアルによる一時的な閲覧不可」だと政府が否定した。政府関係者は、抗議によって朝鮮人虐殺の報···
石田健
政治・国際関係

なぜトルコの憲法改正に注目するべきなのか?[ニュース解説]

無料記事

トルコで16日、大統領権限の強化を目指した国民投票がおこなわれ、51.4%の賛成派が僅差で勝利した。賛成キャンペーンを推し進めたエルドアン大統領の権限強化は、トルコ国内外から注目が集まっている。背景・···
石田健
政治・国際関係

米、3年前から北朝鮮・ミサイル計画にサイバー攻撃 [ニュース解説]

無料記事

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、アメリカは3年前から北朝鮮のミサイル計画に対してサイバー攻撃を続けている。この攻撃プログラムがスタートしてから、北朝鮮によるミサイル発射は立て続けに失敗。15日に発射···
石田健
政治・国際関係

朝鮮半島、高まる緊張の背景とシナリオ [ニュース解説]

無料記事

朝鮮半島で緊張が高まっている。14日には、中国・王毅外相が「取り返しのつかない事態に陥るのを防ぐ必要がある」と述べた一方、 北朝鮮の韓成烈外務次官は「アメリカが選択すれば、わたしたちは戦争する」と発言···
石田健
政治・国際関係

知識人とは何か?[コラム]

無料記事

ここ数日、以下のような記事を立て続けに読んだ。・人文学は何の役に立つのか?・人文学は何の役に立つのか?・季刊誌「考える人」休刊 消える「ユルい」思想誌個人的には、人文学系の意義については問題意識や「問···
石田健
政治・国際関係

アフリカに深く浸透する中国:その関与は新たな段階に来ている

無料記事

中国が出資したアディス・アベバ-ジブチ鉄道(亚吉铁路)は、2016年10月から運行されているアフリカで初となる電気鉄道だ。エチオピアの首都とジブチ港を繋いでおり、内陸のエチオピアにとって重要となる海洋···
管理者
政治・国際関係

不平等はいかにして民主主義を脅かすか

無料記事

不平等は過去30年以上に渡って増加しており、最近のアメリカにおける国政選挙で広く議論される問題となっている。程度の差こそあるが、常に勝者と敗者が存在する市場経済において、所得格差は問題ではない。市場に···
石田健
政治・国際関係

ポスト冷戦時代が生んだトランプ勝利:「歴史の終わり」の終わり

無料記事

アメリカ大統領選挙でのドナルド・トランプの勝利と、イギリスのEU離脱という結果に驚きと衝撃をうけた世界は、その原因を経済に求めた。現代の経済発展の中核を担ってきたグローバリゼーションによって世界には勝···
管理者
政治・国際関係

3つのスピーチについて:オバマ、クリントン、そしてトランプ

無料記事

かつて我々は、アメリカ合衆国大統領を有能なリーダーであり、道義をわきまえた勇敢な代表だと考えていたが、2016年アメリカ大統領選挙の恐ろしさには驚愕している。その選挙はもうすぐ終結するだろうが、そうな···
チャールズ・クロフォード
政治・国際関係

人はなぜ、非合理的であるにもかかわらず投票に行くのか?

無料記事

明日は、参議院選の投票日です。ネットメディアでも、「選挙に行こう!」という呼びかけをよく見かけるようになりましたが、その中でBuzzFeedが出していた「【参院選】選挙にいかない若者はバカですか?政治···
石田健
政治・国際関係

ナショナリズム団体「日本会議」の危険性:エコノミスト紙や仏誌が相次いで指摘

無料記事

英・The Economist紙や仏・L’Obs誌などが相次いで、日本の危険な右翼団体「日本会議」が、安倍政権の政策に大きな影響を与えていると報じている。民族主義の思想を掲げた、日本で最も強力なロビー···
石田健
政治・国際関係

文部科学省「人文学とか役に立たないんだから、その学部いらないっしょ」

無料記事

文部科学省は8日、これまでの学部を「社会の要請」にあわせて見直すように、全国の国立大学に対して通知をおこなった。中でも、文学部をはじめとした人文系の学部・大学院について、廃止・配置転換を求める意向だと···
石田健
政治・国際関係

なぜ集団的自衛権の行使容認は、戦後日本の安全保障にとって大転換なの?

無料記事

1日夕方、安倍内閣は臨時閣議を開催して、憲法解釈によって集団的自衛権の行使を認める閣議決定をおこないました。これまで、日本が直接攻撃を受けた場合に防衛をおこなう「専守防衛」に徹してきた日本にとっては、···
石田健
政治・国際関係

新宿・焼身自殺未遂事件を伝えたまとめサイト、バイラルメディア、そしてソーシャルメディア(追記有り)

無料記事

29日、新宿駅南口である男性が焼身自殺未遂をはかったことがネットで次々と拡散された。TwitterやFacebookには現地に居合わせた人々が写真をアップし、大手メディアが報じるよりも早く情報が広まっ···
石田健