テクノロジーに関する記事

テクノロジーやメディアに関する記事。
テクノロジー

2019年、中国メディア市場の動向:ByteDanceの躍進と注目のOOH

有料記事

中国の調査会社R3によるメディアレポート「China Media Inflation Trend Report」が11月21日に公開された。TikTokなどを展開するByteDanceらの躍進に注目が···
石田健
テクノロジー

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
テクノロジー

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田健
テクノロジー

Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。Uber E···
井川優斗
テクノロジー

ソフトバンク出資のBrandless、破綻した理由:低いロイヤリティ、CBDへの進出

有料記事

SoftBank Vision Fund(SVF)から2018年7月、評価額5億ドルで2億4000万ドルを受けとったBrandlessが、事業閉鎖に至った。WeWorkやWag!などSVFの投資先には···
石田健
テクノロジー

新型コロナウイルス、テック企業に与える影響:AppleからAirbnbまで

有料記事

新型コロナウイルスの拡大抑止のため、震源地である中国・武漢市が事実上封鎖されてから1か月が経過した。いまだに終息の目処が立たない中、感染拡大以降はじめてとなる主要国の閣僚級会議G20が先日サウジアラビ···
金子侑輝
石田健
テクノロジー

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
テクノロジー

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テクノロジー

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(1)

無料記事

哲学博士号、左派リベラル、日課は気功と瞑想。そう聞いたとき頭に浮かぶのは、一体どのような人物像だろうか。少なくとも、世界有数のユニコーン企業を率いる億万長者のイメージでないことだけは確かだ。2020年···
長野壮一
石田健
テクノロジー

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(2)

無料記事

― (1)より続くホロコーストという問題ドイツに渡り、フランクフルト・ゲーテ大学の博士課程に登録したアレックス・カープが最初の研究テーマに選択したのは、ナチスによるユダヤ人迫害の問題だった。研究テーマ···
長野壮一
石田健
テクノロジー

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(3)

無料記事

― (2)より続く同時多発テロ以後の世界1989年、ベルリンの壁崩壊が冷戦後の世界の起点となったとすれば、2001年もまた重要な時代区分の1つである。ソ連崩壊後、しばらく続いていた唯一の超大国としての···
石田健
長野壮一
テクノロジー

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(4)

無料記事

― (3)より続く初期の製品と顧客(2008-2010年)ウェブサイトでいくら自画自賛を続けても、カープたちが契約にこぎつけるのは難しかった。彼らは300回以上のミーティングを繰り返し、政府のヒエラル···
石田健
長野壮一
テクノロジー

トランプ大統領、TikTok・WeChat禁止令に署名。今後のシナリオは?

有料記事

[7日23時11分追記] 本記事の公開後、複数のメディアからTencentのWeChat禁止について興味深い見解が出たため、有料部分に追記しています。当初公開していた無料部分は、引き続きお読みいただけ···
石田健
テクノロジー

ポルノにおけるディープフェイクの増加。何が起き、何が問題か

有料記事

新技術はしばしばポルノによって進歩することが指摘されているが、AIによるディープラーニングと画像・映像合成技術もその例に漏れない。2017年以降、出演者の同意を得ていないディープフェイクを用いたポルノ···
徳安慧一
テクノロジー

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···
徳安慧一
テクノロジー

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···
石田健