トランプは、2020年大統領選挙で再選する:デフォルト効果が支配するアメリカ政治

本記事は、コロンビア大学ポール・ラザースフェルド特別研究員であるムーサ・アル=ガービ氏による「Trump will likely win reelection in 2020」の翻訳。著者または配信元との提携・許可に基づ… 続きを読む トランプは、2020年大統領選挙で再選する:デフォルト効果が支配するアメリカ政治

AI・自動運転時代の哲学・倫理学:自動運転車は5人を殺すべきか?

ITやテクノロジーの急激な発展に伴って、哲学や倫理学の重要性に改めて注目が集まっている。 例えば、岡本裕一朗『いま世界の哲学者が考えていること』は、人工知能などホットなテクノロジーと哲学の関係を扱っているし、三宅陽一郎『… 続きを読む AI・自動運転時代の哲学・倫理学:自動運転車は5人を殺すべきか?

ロシア・反プーチン政治家ら、相次いで化学薬品によって攻撃[ニュース]

ロシアで、野党政治家や反プーチン活動家に対する攻撃がエスカレートしている。 4月27日には、野党政治家アレクセイ・ナヴァルニーが緑の薬物を顔にかけられ、その翌日にはロシア統一民主党「ヤブロコ」のナターヤ・フィヨドロバが化… 続きを読む ロシア・反プーチン政治家ら、相次いで化学薬品によって攻撃[ニュース]

なぜロシアのハッカーは、ヒラリーの次にマクロン候補を狙うのか?[ニュース解説]

フランス大統領選挙で、マリーヌ・ルペンとの決選投票に進んだエマニュエル・マクロンが、サイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。 マクロンを攻撃したハッカーは、昨年の米・大統領選挙でヒラリー・クリントンを攻撃した集団。… 続きを読む なぜロシアのハッカーは、ヒラリーの次にマクロン候補を狙うのか?[ニュース解説]

なぜアメリカは北朝鮮を攻撃せず、現時点で武力衝突の可能性は低いのか? [ニュース解説]

北朝鮮情勢の緊迫が続いているが、専門家の間ではアメリカから北朝鮮を攻撃することは現実的に困難とされている。北朝鮮からの挑発も、従来からの延長線上だと言える。 シリアは攻撃したのになぜ? アメリカが北朝鮮を攻撃できないのは… 続きを読む なぜアメリカは北朝鮮を攻撃せず、現時点で武力衝突の可能性は低いのか? [ニュース解説]

なぜ明後日のフランス第1回大統領選挙に注目するべきか?[ニュース解説]

フランスで23日、第1回大統領選挙が開催される。51%を獲得する候補者がいればすぐに大統領が決まるが、決選投票となる可能性が高い。現在の有力候補は4人だが、どこに注目するべきか? 各候補とシナリオ ①マリーヌ・ルペン ル… 続きを読む なぜ明後日のフランス第1回大統領選挙に注目するべきか?[ニュース解説]

「朝鮮人虐殺の報告書を削除」は朝日新聞による誤報? [ニュース・追記あり]

政府調査会の災害に関する報告書が内閣府サイトから削除されていると朝日新聞が報じた問題で、削除は「サイト・リニューアルによる一時的な閲覧不可」だと政府が否定した。 政府関係者は、抗議によって朝鮮人虐殺の報告書が削除されたと… 続きを読む 「朝鮮人虐殺の報告書を削除」は朝日新聞による誤報? [ニュース・追記あり]

なぜトルコの憲法改正に注目するべきなのか?[ニュース解説]

トルコで16日、大統領権限の強化を目指した国民投票がおこなわれ、51.4%の賛成派が僅差で勝利した。賛成キャンペーンを推し進めたエルドアン大統領の権限強化は、トルコ国内外から注目が集まっている。 背景・経緯 周辺のイスラ… 続きを読む なぜトルコの憲法改正に注目するべきなのか?[ニュース解説]

米、3年前から北朝鮮・ミサイル計画にサイバー攻撃 [ニュース解説]

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、アメリカは3年前から北朝鮮のミサイル計画に対してサイバー攻撃を続けている。 この攻撃プログラムがスタートしてから、北朝鮮によるミサイル発射は立て続けに失敗。15日に発射されたミサイルの失… 続きを読む 米、3年前から北朝鮮・ミサイル計画にサイバー攻撃 [ニュース解説]

朝鮮半島、高まる緊張の背景とシナリオ [ニュース解説]

朝鮮半島で緊張が高まっている。14日には、中国・王毅外相が「取り返しのつかない事態に陥るのを防ぐ必要がある」と述べた一方、 北朝鮮の韓成烈外務次官は「アメリカが選択すれば、わたしたちは戦争する」と発言。 背景・経緯 北朝… 続きを読む 朝鮮半島、高まる緊張の背景とシナリオ [ニュース解説]

アフリカに深く浸透する中国:その関与は新たな段階に来ている

本記事は、バックネル大学教授(政治・国際関係)の朱志群氏による「China’s Deeper Penetration into Africa」の翻訳。著者または配信元との提携・許可に基づいて配信しています。 中国が出資し… 続きを読む アフリカに深く浸透する中国:その関与は新たな段階に来ている

不平等はいかにして民主主義を脅かすか

不平等は過去30年以上に渡って増加しており、最近のアメリカにおける国政選挙で広く議論される問題となっている。 程度の差こそあるが、常に勝者と敗者が存在する市場経済において、所得格差は問題ではない。市場において、何かしらの… 続きを読む 不平等はいかにして民主主義を脅かすか

3つのスピーチについて:オバマ、クリントン、そしてトランプ

本記事は、在サラエボおよび在ポーランド英国大使などを歴任してきたチャールズ・クロフォード氏による「A Tale of Three Speeches」の翻訳。著者または配信元との提携・許可に基づいて配信しています。 かつて… 続きを読む 3つのスピーチについて:オバマ、クリントン、そしてトランプ

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。 なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北したのか?という問い… 続きを読む ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?