自由民主党

自由民主党について

SNSでおすすめする

現職議員

出畑 実

出畑 実

自民 , 南関東ブロック
逢沢 一郎

逢沢 一郎

自民 , 岡山県 1区
青山 周平

青山 周平

自民 , 東海ブロック
赤澤 亮正

赤澤 亮正

自民 , 鳥取県 2区
あかま 二郎

あかま 二郎

自民 , 神奈川県 14区
秋葉 賢也

秋葉 賢也

自民 , 宮城県 2区
秋本 真利

秋本 真利

自民 , 千葉県 9区
麻生 太郎

麻生 太郎

自民 , 福岡県 8区
穴見 陽一

穴見 陽一

自民 , 大分県 1区
安倍 晋三

安倍 晋三

自民 , 山口県 4区

賛成する政策

  • 憲法改正

    「現行憲法の自主的改正」は結党以来の党是であり、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つの基本原理はしっかり堅持し、初めての憲法改正への取組みをさらに強化します。(公式サイト、2020年9月25日閲覧)「いまの憲法を変える必要があると思いますか」という質問に対して、党の平均は「どちらかと言えば必要ある」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 憲法9条の改正

    憲法改正により自衛隊をきちんと憲法に位置づけ、「自衛隊違憲論」は解消すべき。現行の9条1項・2項とその解釈を維持し、自衛隊を明記するとともに自衛の措置(自衛権)についても言及すべき。

    憲法 (2)
  • 消費税増税

    今年の10月から、消費税が10%に引き上げられる予定です。少子高齢化対策をしっかりと進めるとともに、財政の健全化に取り組んでまいります。 この消費税を使って、お年寄りはもちろん、子供たち、子育て世帯など全ての世代が安心できる社会を築いてまいります。(公式サイト、9月25日閲覧)「消費税率を10%より高くする」という問いに対して、党の平均は「どちらとも言えない」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)

賛成する政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政策

  • 原発ゼロ

    自民の公約は原発の新増設も否定していない。安倍晋三首相は党首討論会で「現時点で新増設は想定していない」と将来に含みを残した。(2019年07月16日、東京新聞)「原発ゼロか存続か」という問いに対し、党の平均は「どちらかと言えば電力源の一つとして保つべきだ」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)

中立的な政策

  • LGBT支援

    公式サイトで「わが党は、公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます。」と記載(公式サイト、2020年9月25日閲覧)。ただし2021年にLGBTなど性的マイノリティーへの理解促進に向けた法案について、「差別は許されない」など文言に、保守系議員らが反対意見。

    マイノリティ (4)
  • 選択的夫婦別姓

    選択的夫婦別姓を考える超党派勉強会が14日、国会内であり、与野党議員約40人が出席した。来月は自民党が単独で勉強会を開催予定。慎重だった同党内に容認論が出始めるなど、法改正の機運が生まれつつある。(東京新聞、2020年2月15日) また「夫婦が望む場合、結婚後の別姓を法律で認めるべきだ」という問いに対して、2019年の調査では党の平均にもとづき「どちらとも言えない」ことが示されている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 女性天皇の容認

    「女性も天皇になれるようにした方がよい」という問いに対し、党の平均は「どちらとも言えない」となっている。「母方だけに天皇の血を引く『女系』天皇を認めてもよい」という問いに対し、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。「結婚後も女性皇族が皇室にとどまる『女性宮家』を創設できるようにすべきだ」という問いに対し、党の平均は「どちらとも言えない」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    天皇・皇室 (1)

中立的な政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

党の主要な役職者

一億総活躍推進本部本部長 逢沢 一郎
文部科学部会副部会長自民党青年局次長 青山 周平
自由民主党農林水産戦略調査会副会長 赤澤 亮正
自由民主党副幹事長 あかま 二郎 葉梨 康弘 北村 経夫 柘植 芳文
自由民主党外交部会長 秋葉 賢也
自由民主党青年局次長 秋本 真利
自由民主党国際局次長 穴見 陽一
働き方改革に関するワーキングチーム事務局次長 穴見 陽一
自由民主党総裁 安倍 晋三
自由民主党国会対策委員会副委員長 あべ 俊子 大塚 高司