公明党

公明党について

現職議員

赤羽 一嘉

赤羽 一嘉

公明 , 兵庫県 2区
伊佐 進一

伊佐 進一

公明 , 大阪府 6区
石井 啓一

石井 啓一

公明 , 北関東ブロック
石田 祝稔

石田 祝稔

公明 , 四国ブロック
伊藤 渉

伊藤 渉

公明 , 東海ブロック
稲津 久

稲津 久

公明 , 北海道 10区
井上 義久

井上 義久

公明 , 東北ブロック
浮島 智子

浮島 智子

公明 , 近畿ブロック
江田 康幸

江田 康幸

公明 , 九州ブロック
大口 善徳

大口 善徳

公明 , 東海ブロック

賛成する政策

  • 憲法改正

    施行70年を迎えた日本国憲法を優れた憲法であると評価しています。現行憲法は、日本の民主主義を進展させ、戦後秩序の基本となりました。とくに、「国民主権」、「基本的人権の尊重」、「恒久平和主義」の3原理は普遍の原理であり、将来とも堅持します。一方、憲法施行時には想定できなかった課題が明らかになり、憲法規定に不備があるためそれを解決できないのであれば、そのための新たな条文を付け加えること(加憲)によって改正することを考えています。これまで加憲論議の対象としてきた項目は、例えば、①地球環境保護を含めた環境の保護を憲法上の権利もしくは責務として位置付けるべきかどうか、②地方自治をより強化するため、自治体の課税自主権の拡大など行財政運営の充実を定めるべきかどうか、③国家の緊急事態にこそ議会制民主主義が機能すべきとの立場から、緊急事態に国会議員の任期の特例等を設けるべきかどうか、などです。それぞれ多岐にわたる論点があり、さらに論議を深めてまいります。(2017年マニフェスト、9月28日閲覧)

    憲法 (2)
  • 日米同盟の維持・強化

    2015年に成立した「平和安全法制」は、日本を取り巻く厳しい安全保障環境に対応するため、日米同盟の信頼性と抑止力を高めるために整備されました。戦争に巻き込まれるリスクについては、公明党の主張で閣議決定に盛り込まれた武力行使の「新三要件」が厳格な歯止めとなっており、平和憲法の精神は微塵も変わっていません。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

    外交 (6)
  • 中国との良好な関係

    核実験や弾道ミサイル発射といった北朝鮮の挑発行為は、国際社会への重大かつ差し迫った新たな段階の脅威です。米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする国際社会との連携と連帯を深め、制裁決議の実効性を高めるとともに、「対話と圧力」「行動対行動」の原則の下、核・ミサイル・拉致といった諸懸案の包括的解決に向けた取り組みを進めます。(2017年マニフェスト、2020年9月28日閲覧)

賛成する政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政策

なし(現在調査をおこなっています)

中立的な政策

なし(現在調査をおこなっています)

党の主要な役職者

公明党中央幹事会中央幹事 赤羽 一嘉 伊藤 渉
公明党国会対策副委員長 伊佐 進一
公明党関東方面本部長 石井 啓一
公明党政務調査会長 石田 祝稔
中央幹事北海道本部代表地方議会局長 稲津 久
公明党幹事長 井上 義久
公明党中央規律委員 浮島 智子
女性委員会副委員長 浮島 智子
国会対策委員会副委員長 江田 康幸
遊説局長 江田 康幸