行政改革

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

71人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (71)

なかなか進まない政策課題は大体、複数の役所にまたがり、「役所の縦割り」が壁になっているものです。

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「民主党政権が壊した行政や法運用の安定性・透明性を回復します。また、電力供給など公共サービスの信頼性の確保を急ぎます。省庁縦割りを排除する科学技術予算システムの抜本的改革を行います。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「政府内部のみならず、多くの民間のプロフェッショナルたちのお力を借りてあぶり出し、政府としての国民へのサービス品質はできるかぎり落とさないようにしつつ、コストの削減に努めてまいります」と明言

石原 伸晃のプロフィール

天下りの全面禁止と政府関係法人の廃止でムダと利権をなくす。歳入庁の創設、共通番号制の導入により、公正な税・保険料の徴収を行う。それにより歳入欠陥を減らし、徴収コストを下げる。司法官僚による国民の権利侵害を止めさせる措置を講ずる。本来民間で行うべき事業から政府が撤退し、民間の領域を拡大することで、経済活動を一層活発にする。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

天下りの全面禁止、中央省庁のムダの徹底的排除(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

クレジットカードなどのポイントやマイレージを合算して全国津々浦々で使える『地域経済応援ポイント』の利用拡大を通じたマイナンバーカードの活用を推進し、地域の消費拡大を図ります。併せて、公共施設などのさまざまな利用者カードをワンカード化します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

強力に行政改革を推進 し、地方自治の確立と地方分権を推進することにより、簡素で即応力のある、共生社会にふさわしい行政組織をつくることが求められます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤松 広隆のプロフィール

マイナンバーで戸籍から不動産登記、外国人在留までを紐付けて効率的で小さな行政機構を。またグレーター東京構想と合わせてツインエンジンで分権型集権国家を実現。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

従来から地方が進めてきたように、国の行財政も将来の国家像を見据え、計画性を持って行財政改革を進めていきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

改革に聖域はあってはならない。行政改革、公務員制度改革、選挙制度改革。政治家と官僚が自らを律する改革をまず実行します。そして国民とともに、地域と民間企業が自由に活動できる仕組みをつくり、日本をもう一度成長にもっていく。政府は自由を守る秩序、『節度』の部分を担います。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

町の発展のためには、中央集権から地方分権へ、国のしくみを変えなければなりません。それには、権限や税源を地域にゆだね、民間にできることは民間にまかせるといった発想の転換が必要です。特権を廃止し、税金のムダ遣いを追放し、国全体をスリムにしていくことが重要であり、政治を改革し腐敗をなくすことも急務です。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊藤 渉のプロフィール

『ムリ、ムダ、ムラ』をなくし、新しい発想で行政のスリム化を進めます。独法の資金を国が一括管理するキャッシュマネジメントシステムの導入や、JT、日本郵政、NTT,政府系金融公庫などの政府保有株の売却などで財源を生み出し、徹底した行政改革を実現させます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浦野 靖人のプロフィール

財政健全化推進法案に基づき、無駄な公共事業の削減と行政改革などを徹底することで、2020年度のプライマリーバランス黒字化を確実に達成する。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江田 憲司のプロフィール

保険料の不払い、生活保護費の詐取、農水産物の産地・用途偽装などの不法行為については、前述した国の出先機関統合に伴う各省連携による総合的な取締り型行政で対応、国民の安心と老後の安定のために全力を尽くします。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

皆様が困ったとき、より生活しやすくするために、どこに相談に行けばよいか、何をすべきかがすぐにわかるよう行政の仕組みをわかりやすくお伝えするために取り組みます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大西 宏幸のプロフィール

幹部職員は政治任用。政策の発表は『○○省』でなく『△△(副)大臣』として責任の所在を明確に。官庁による認可法人への役職員の派遣を禁止。政治家と官僚の接触を原則禁止。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小川 淳也のプロフィール

政治家が受け取っている企業や団体からの献金は癒着のもとであり、全面的に禁止するべきだ。また、公務員の中立性はより厳格に図り、天下りも全面的に禁止にするべきだ。天下りのために、余計な仕事や団体が作られてきた。同期一人が偉くなると他の多くの同期は昇進できないような、今のピラミッド型の人事制度は見直すべきだろう。より適材適所に人材が配置されることで、より効率的で的確に仕事をする政府を実現することができる。一般会計や特別会計が複雑に絡み合う、今の公会計制度も、簡素なものに変える必要がある。全国一律で縛っている今の中央集権体制をより分権的にし、地方の行政機関や地方の政治に裁量と責任を与える。それは地元の住民の責任も増すことにもなり、我が国の民主主義の発展にとっても重要だ。納税者の意見がより反映される財政運営がなされなくてはならない。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

落合 貴之のプロフィール

行政組織の効率化は、歳出の削減のみならず、「主権者である国民の納得をを得る」という観点からも必要です。国会議員の報酬の20パーセント削減、議員定数の20パーセント削減、国家・地方公務員の給与及び定数の削減を、確実に実施するべきであると考えます。なお、地方分権の推進及び地方自治体の行政区の再編は、行政サービスの効率化、公務員定数の削減という意義もあり、推進すべき課題であると考えます。『民間でできることは民間でやる』ことは、内需の拡大に留まらず、歳出削減及び行政サービスの向上という観点からも推進するべきです。例えば、PFI等民間活力を導入する手法をさらに推進するべきです。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

都道府県を廃止し、地域主権型道州制を実現します。そのための法整備を早期に進め、国会議員と国家公務員を半減します。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

現場の感覚を肌身で感じている若手の政治家が主導して、実際に消費税が引き上げられる前に、成長戦略と適切な歳出効率化を実施し、議員定数削減や公務員人件費削減など、「身を削る」改革にも取り組んでいきます。2009年の下野以前に、河野太郎衆議院議員とともに始めた無駄撲滅プロジェクト(行政事業レビュー)を。政権復帰後、河野太郎・自民党行政改革本部長と木原誠二行政改革本部事務局長の組み合わせで、レビューシートの見直しなど、その内容を進化発展させました。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール