行政改革

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

71人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (71)

政府の過剰な関与を見直し、自助、共助、公助の範囲と役割を明確にする。公助がもたらす既得権を排除し、政府は真の弱者支援に徹する。供給者サイドへの税投入よりも消費者サイドへの直接の税投入を重視する。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

串田 誠一のプロフィール

議員数や公務員数を削減し、政治の生産性を高めて、行政サービスの向上を図りつつ、将来の国民負担率の軽減を図る。政府が行うことは『バラマキ』から『自立を促す』政策に。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

源馬 謙太郎のプロフィール

教育委員会制度の改革を提唱します。教育委員会が首長から独立した機関であることから、文科省や都道府県教委からの指導を重視がちであり、首長に今求められている総合行政を妨げているのではないかという批判があります。この問題は、教育現場での混乱要因の一因となっており、近年首長権限が強化されることで改善の兆しが見えます。しかし、いまだに旧来の制度を踏襲した慣例が残っており、その改善は急務だと考えます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 茂樹のプロフィール

最も注力するのが市民と行政の連携です。住民の想いを街づくりに反映できるよう、様々な協議会を立ち上げ、施策実現に取り組みます。すでに芦田川河川敷利活用、駅前活性化、ものづくり産業活性化について成果が出始めており、今後も皆が前向きになれるよう一緒になって街づくりに取り組んでいきます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 史明のプロフィール

税金の無駄遣いの徹底的な撲滅。税金の無駄遣いの徹底的な撲滅による歳出改革は、財政再建の王道です。歳出改革は、事業仕分けのようなパフォーマンスではなく、会計検査院などによる地道な行政評価や改善勧告、あるいは国会における予算と決算に関する実のある審議によって進められなければ成果は期待できません。このため、会計検査院・総務省行政評価局の機能強化を図りつつ、衆参両院の予算委員会、決算委員会、行政監視委員会等における審議のあり方を見直します。 電子政府推進による行政の効率化。効率的で生産性の高い行政を実現するため、ICT活用による行政サービスの向上をめざす電子政府(eガバメント)を推進します。特に、マイナンバーを活用した行政手続きの簡素化の一層の推進や、電子カルテ、交通システムの最適化、防災などの分野において、ビッグデータの活用による最先端のAI(人口知能)技術を活用して、効果的に国民生活の利便性の向上と行政の効率化を図ります。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

歳出の無駄の徹底的な見直し(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 馨祐のプロフィール

将来にわたって健全な民主主義を維持するためには若年層の投票率向上を図ることが極めて重要であることから、若者の社会参画などの取組を重点的に推し進めていきます。『若者政策推進議員連盟』を立ち上げ、若者の社会参画促進に向けた対応策の検討や普及啓発活動を行っています。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 隼人のプロフィール

不断の行政事業見直し(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

高木 錬太郎のプロフィール

政府の情報隠ぺい阻止、特定秘密保護法の廃止、情報公開法改正による行政の透明化(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

武内 則男のプロフィール

言論の自由をまもる、情報公開の徹底(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

辻元 清美のプロフィール

対面式行政手続きを見直す、DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

中谷 一馬のプロフィール

財政規律を守り、子どもに借金を押し付けない。「行政改革実行法」等を策定し、税金のムダ使いを徹底追及。新しい公共による大きな社会の実現。GDPで測ることのできない価値、人々の“絆”や人間関係資本(ソーシャル・キャピタル)を育む(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

長妻 昭のプロフィール

不断の行政改革に取り組み、大胆な規制緩和を断行する。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

原田 義昭のプロフィール

マイナンバー制度の利活用を推進し、各種手続がオンラインで完結する国民視点の行政システムへの転換を図るとともに、利用範囲の拡大を進め、安心安全にオンラインサービスを利用する際のカギとなるマイナンバーカードの普及促進を図ります。旧姓の幅広い使用を認める取組を進めます。まずは、住民基本台帳とそれに連動するマイナンバーカードにおいて旧姓併記ができるよう準備を進めます。また、パスポートへの旧姓併記の拡大に向けた検討や、銀行口座についても旧姓使用が可能となるよう働きかけを行うなど、取組を進めていきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

福山 守のプロフィール

国民に負担を強いる前に、身を切る改革の徹底。持続可能な小さな政府、テクノロジーを駆使した行政コストの削減。財政の健全化、歳入庁の創設。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤田 文武のプロフィール

行政による、情報の隠蔽、改ざんなどが相次いでいます。特定秘密保護法の廃止、情報公開のさらなる推進、公文書記録管理院の設置など、正しい行政情報に国民がアクセス可能な体制をつくります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

本多 平直のプロフィール

任期付採用による民間からの官の世界を経験した国会議員として、国民本位の行政を実現するためにも尽力しました。天下り斡旋の禁止、行政のスリム化、政府系金融機関の整理統合・民営化などを進めました。行政改革推進本部幹事、党改革実行本部幹事の立場から、そして庶民の代表として今後とも頑張りたいと考えています。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

牧原 秀樹のプロフィール

党の行政改革推進本部長として、地方分権改革、郵政改革、公務員制度改革などに取り組んできました。これからの課題は、国と地方の役割分担を大胆に見直し、国の地方支分局の整理を行うとともに、権限委譲を大胆に行うことが必要と考えます。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

桝屋 敬悟のプロフィール

国民の皆様からお預かりしている税金は、政治や行政のためにあるものではありません。国民に対する行政サービスや、国民の生活・生命や財産を守るためにあります。そのために行政の効率化を進め、意思決定の透明性とスピードをあげる改革を実行しなければなりません。またそのためには、まずは国民の代弁者である国会議員の特権廃止、定数や歳費を削減を実現する必要があります。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

松本 洋平のプロフィール

議員定数・歳費3割削減(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

丸山 穂高のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま