行政改革

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

71人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (71)

徹底した行政改革で税のムダを省くとともに、国のヒモ付き補助金の廃止(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

村上 史好のプロフィール

国の徹底した行財政改革を推進し、持続可能な地方財政の健全化(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

八木 哲也のプロフィール

国会の行政監視機能の強化。行政データの保管義務化・情報公開の徹底。(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山崎 誠のプロフィール

郵政民営化法を改正(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山井 和則のプロフィール

厚生労働分野で事業仕分けにも参加し、天下りや事業の効率化に尽力!(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

柚木 道義のプロフィール

私は、議員定数及び議員歳費を大幅に削減し、文書通信費の透明化を図るなど、国会や行政の効率化、無駄の削減、スリム化し、さらに通年国会や通年委員会の実現などの抜本的な国会改革、そして独法改革を皮切りに行政改革を推し進めます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

吉田 統彦のプロフィール

財政健全化推進法案に基づき、無駄な公共事業の削減と行政改革の徹底により、2020年度のプライマリーバランス黒字化の達成(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

早稲田 夕季のプロフィール

行政評価局に命じて官僚が天下る公益法人が実施する資格や検定制度の実施を精査。公益法人の解散・縮小が進み、コスト軽減へ。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

渡辺 周のプロフィール

天下りの全面禁止(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

渡辺 博道のプロフィール

大阪府内43市町村のそれぞれが持つ〝チカラ〟を最大限に発揮させていく。そのために、公明党大阪府本部で打ち出した「大阪創生ビジョン」の構想を軸とし、府内各市町村がその枠を超えて連携しあう、新たな活動単位の集合体(広域連携クラスター)の形成による、より積極的な自治体間連携を推進します。例えば、道路や上水道などのインフラ管理やごみ処理などを広域的に行うことで、行政の効率化やムダ削減を図り、住民サービスの向上につなげていきます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石川 博崇のプロフィール

不要な国の出先機関や独立行政法人を改廃し、必要な人材及び財源を地域の自治体に移管して、地域における主体的な政策の立案と実行体制の拡充を後押しします。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

石橋 通宏のプロフィール

忖度発言の基となる、公共事業の選定過程を透明化し、社会資本の円滑な維持管理・更新を進めます。災害の未然防止といったハード対策と合わせて、地域のコミュニティを活かした防災力の強化を支援します。 国民の正しい政治判断の前提条件となる、嘘のない統計を目指します。森友学園・加計学園の疑惑などの徹底的な真相究明を行い、国家権力のメディアへの介入・規制に反対します。(自身のFacebook、2019年7月8日)

うち越 さくらのプロフィール

行財政改革を先送りせず取り組みます。(公式サイト、2020年10月20日)

衛藤 晟一のプロフィール

埼玉の行財政改革の継続を(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

大野 元裕のプロフィール

政治は生活者のためにあるもの。政・官・財の癒着構造を断ち切り、子育て支援、女性支援、社会福祉、教育支援の拡充、防災防犯など、生活第一の施策を進めます。安定、安心、安価な食糧供給ができる日本の農業を構築します。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

小川 敏夫のプロフィール

電子民主主義に取り組み、電子政府サービスの拡大。マイナンバーカードの普及を推進。歳入庁の設置。特別会計の見直し。公務員の身分保障を廃止し、公務員人件費の削減と天下りの禁止。独立行政法人・外郭団体・政府系企業の完全民営化(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

おときた 駿のプロフィール

サラリーマンに対する不公平税制の是正と行政によるムダづかい一掃に取り組みます。(公式サイト、2020年10月21日閲覧)

川合 孝典のプロフィール

真に住民を支える、質が高く効率的な行政実現(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

上月 良祐のプロフィール

身を切る改革。役所官僚との馴れ合い阻止。議員報酬・議員定数の削減。議員一人につき月100万円といわれる文書通信交通滞在費の使途を公開し、領収書添付を義務化します。役所の外郭団体を撤廃し、税金の無駄遣いを見直します。不透明な随意契約を原則競争入札制にします。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

鈴木 宗男のプロフィール

最も必要なところにお金が使えるよう、会計のプロの視点でムダを省きます。国民に信頼される行政をめざし、税金の使い道の「見える化」をさらに進ます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

竹谷 とし子のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま