行政改革

この政策について 未達成

自由民主党の議員の賛否

30人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (30)

なかなか進まない政策課題は大体、複数の役所にまたがり、「役所の縦割り」が壁になっているものです。

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「民主党政権が壊した行政や法運用の安定性・透明性を回復します。また、電力供給など公共サービスの信頼性の確保を急ぎます。省庁縦割りを排除する科学技術予算システムの抜本的改革を行います。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「政府内部のみならず、多くの民間のプロフェッショナルたちのお力を借りてあぶり出し、政府としての国民へのサービス品質はできるかぎり落とさないようにしつつ、コストの削減に努めてまいります」と明言

石原 伸晃のプロフィール

天下りの全面禁止、中央省庁のムダの徹底的排除(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

クレジットカードなどのポイントやマイレージを合算して全国津々浦々で使える『地域経済応援ポイント』の利用拡大を通じたマイナンバーカードの活用を推進し、地域の消費拡大を図ります。併せて、公共施設などのさまざまな利用者カードをワンカード化します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

従来から地方が進めてきたように、国の行財政も将来の国家像を見据え、計画性を持って行財政改革を進めていきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

改革に聖域はあってはならない。行政改革、公務員制度改革、選挙制度改革。政治家と官僚が自らを律する改革をまず実行します。そして国民とともに、地域と民間企業が自由に活動できる仕組みをつくり、日本をもう一度成長にもっていく。政府は自由を守る秩序、『節度』の部分を担います。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

保険料の不払い、生活保護費の詐取、農水産物の産地・用途偽装などの不法行為については、前述した国の出先機関統合に伴う各省連携による総合的な取締り型行政で対応、国民の安心と老後の安定のために全力を尽くします。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

皆様が困ったとき、より生活しやすくするために、どこに相談に行けばよいか、何をすべきかがすぐにわかるよう行政の仕組みをわかりやすくお伝えするために取り組みます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大西 宏幸のプロフィール

行政組織の効率化は、歳出の削減のみならず、「主権者である国民の納得をを得る」という観点からも必要です。国会議員の報酬の20パーセント削減、議員定数の20パーセント削減、国家・地方公務員の給与及び定数の削減を、確実に実施するべきであると考えます。なお、地方分権の推進及び地方自治体の行政区の再編は、行政サービスの効率化、公務員定数の削減という意義もあり、推進すべき課題であると考えます。『民間でできることは民間でやる』ことは、内需の拡大に留まらず、歳出削減及び行政サービスの向上という観点からも推進するべきです。例えば、PFI等民間活力を導入する手法をさらに推進するべきです。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

現場の感覚を肌身で感じている若手の政治家が主導して、実際に消費税が引き上げられる前に、成長戦略と適切な歳出効率化を実施し、議員定数削減や公務員人件費削減など、「身を削る」改革にも取り組んでいきます。2009年の下野以前に、河野太郎衆議院議員とともに始めた無駄撲滅プロジェクト(行政事業レビュー)を。政権復帰後、河野太郎・自民党行政改革本部長と木原誠二行政改革本部事務局長の組み合わせで、レビューシートの見直しなど、その内容を進化発展させました。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール

教育委員会制度の改革を提唱します。教育委員会が首長から独立した機関であることから、文科省や都道府県教委からの指導を重視がちであり、首長に今求められている総合行政を妨げているのではないかという批判があります。この問題は、教育現場での混乱要因の一因となっており、近年首長権限が強化されることで改善の兆しが見えます。しかし、いまだに旧来の制度を踏襲した慣例が残っており、その改善は急務だと考えます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 茂樹のプロフィール

最も注力するのが市民と行政の連携です。住民の想いを街づくりに反映できるよう、様々な協議会を立ち上げ、施策実現に取り組みます。すでに芦田川河川敷利活用、駅前活性化、ものづくり産業活性化について成果が出始めており、今後も皆が前向きになれるよう一緒になって街づくりに取り組んでいきます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 史明のプロフィール

税金の無駄遣いの徹底的な撲滅。税金の無駄遣いの徹底的な撲滅による歳出改革は、財政再建の王道です。歳出改革は、事業仕分けのようなパフォーマンスではなく、会計検査院などによる地道な行政評価や改善勧告、あるいは国会における予算と決算に関する実のある審議によって進められなければ成果は期待できません。このため、会計検査院・総務省行政評価局の機能強化を図りつつ、衆参両院の予算委員会、決算委員会、行政監視委員会等における審議のあり方を見直します。 電子政府推進による行政の効率化。効率的で生産性の高い行政を実現するため、ICT活用による行政サービスの向上をめざす電子政府(eガバメント)を推進します。特に、マイナンバーを活用した行政手続きの簡素化の一層の推進や、電子カルテ、交通システムの最適化、防災などの分野において、ビッグデータの活用による最先端のAI(人口知能)技術を活用して、効果的に国民生活の利便性の向上と行政の効率化を図ります。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

歳出の無駄の徹底的な見直し(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 馨祐のプロフィール

将来にわたって健全な民主主義を維持するためには若年層の投票率向上を図ることが極めて重要であることから、若者の社会参画などの取組を重点的に推し進めていきます。『若者政策推進議員連盟』を立ち上げ、若者の社会参画促進に向けた対応策の検討や普及啓発活動を行っています。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 隼人のプロフィール

不断の行政改革に取り組み、大胆な規制緩和を断行する。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

原田 義昭のプロフィール

マイナンバー制度の利活用を推進し、各種手続がオンラインで完結する国民視点の行政システムへの転換を図るとともに、利用範囲の拡大を進め、安心安全にオンラインサービスを利用する際のカギとなるマイナンバーカードの普及促進を図ります。旧姓の幅広い使用を認める取組を進めます。まずは、住民基本台帳とそれに連動するマイナンバーカードにおいて旧姓併記ができるよう準備を進めます。また、パスポートへの旧姓併記の拡大に向けた検討や、銀行口座についても旧姓使用が可能となるよう働きかけを行うなど、取組を進めていきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

福山 守のプロフィール

任期付採用による民間からの官の世界を経験した国会議員として、国民本位の行政を実現するためにも尽力しました。天下り斡旋の禁止、行政のスリム化、政府系金融機関の整理統合・民営化などを進めました。行政改革推進本部幹事、党改革実行本部幹事の立場から、そして庶民の代表として今後とも頑張りたいと考えています。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

牧原 秀樹のプロフィール

国民の皆様からお預かりしている税金は、政治や行政のためにあるものではありません。国民に対する行政サービスや、国民の生活・生命や財産を守るためにあります。そのために行政の効率化を進め、意思決定の透明性とスピードをあげる改革を実行しなければなりません。またそのためには、まずは国民の代弁者である国会議員の特権廃止、定数や歳費を削減を実現する必要があります。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

松本 洋平のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま