行政改革

この政策について 未達成

立憲民主党の議員の賛否

17人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (17)

強力に行政改革を推進 し、地方自治の確立と地方分権を推進することにより、簡素で即応力のある、共生社会にふさわしい行政組織をつくることが求められます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤松 広隆のプロフィール

政治家が受け取っている企業や団体からの献金は癒着のもとであり、全面的に禁止するべきだ。また、公務員の中立性はより厳格に図り、天下りも全面的に禁止にするべきだ。天下りのために、余計な仕事や団体が作られてきた。同期一人が偉くなると他の多くの同期は昇進できないような、今のピラミッド型の人事制度は見直すべきだろう。より適材適所に人材が配置されることで、より効率的で的確に仕事をする政府を実現することができる。一般会計や特別会計が複雑に絡み合う、今の公会計制度も、簡素なものに変える必要がある。全国一律で縛っている今の中央集権体制をより分権的にし、地方の行政機関や地方の政治に裁量と責任を与える。それは地元の住民の責任も増すことにもなり、我が国の民主主義の発展にとっても重要だ。納税者の意見がより反映される財政運営がなされなくてはならない。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

落合 貴之のプロフィール

不断の行政事業見直し(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

高木 錬太郎のプロフィール

政府の情報隠ぺい阻止、特定秘密保護法の廃止、情報公開法改正による行政の透明化(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

武内 則男のプロフィール

言論の自由をまもる、情報公開の徹底(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

辻元 清美のプロフィール

対面式行政手続きを見直す、DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

中谷 一馬のプロフィール

財政規律を守り、子どもに借金を押し付けない。「行政改革実行法」等を策定し、税金のムダ使いを徹底追及。新しい公共による大きな社会の実現。GDPで測ることのできない価値、人々の“絆”や人間関係資本(ソーシャル・キャピタル)を育む(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

長妻 昭のプロフィール

行政による、情報の隠蔽、改ざんなどが相次いでいます。特定秘密保護法の廃止、情報公開のさらなる推進、公文書記録管理院の設置など、正しい行政情報に国民がアクセス可能な体制をつくります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

本多 平直のプロフィール

徹底した行政改革で税のムダを省くとともに、国のヒモ付き補助金の廃止(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

村上 史好のプロフィール

国会の行政監視機能の強化。行政データの保管義務化・情報公開の徹底。(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山崎 誠のプロフィール

私は、議員定数及び議員歳費を大幅に削減し、文書通信費の透明化を図るなど、国会や行政の効率化、無駄の削減、スリム化し、さらに通年国会や通年委員会の実現などの抜本的な国会改革、そして独法改革を皮切りに行政改革を推し進めます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

吉田 統彦のプロフィール

財政健全化推進法案に基づき、無駄な公共事業の削減と行政改革の徹底により、2020年度のプライマリーバランス黒字化の達成(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

早稲田 夕季のプロフィール

不要な国の出先機関や独立行政法人を改廃し、必要な人材及び財源を地域の自治体に移管して、地域における主体的な政策の立案と実行体制の拡充を後押しします。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

石橋 通宏のプロフィール

政治は生活者のためにあるもの。政・官・財の癒着構造を断ち切り、子育て支援、女性支援、社会福祉、教育支援の拡充、防災防犯など、生活第一の施策を進めます。安定、安心、安価な食糧供給ができる日本の農業を構築します。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

小川 敏夫のプロフィール

森友、加計学園問題で明らかになった中立公正たるべき公務員の異常な忖度の実態、またそれに付随した公文書の隠ぺい、改ざん、不当な廃棄等の行為が国民の政治・行政不信を招いたことは否定できない。信頼回復のために政府に対して透明化と説明責任を求める。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

長浜 博行のプロフィール

天下り規制の厳格化、ムダづかいを排したメリハリのある財政運営、給付付き税額控除の導入、国会における一票の格差是正や議員定数削減の実現、情報公開の一層の推進を図ります。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

福山 哲郎のプロフィール

安易な束ね法案は、国会審議を形骸化します。複数の重要法案を束ねて国会に提出された場合、何の法律が改正されるのか分かり辛くなり、情報提供の面からも問題があります。2016年に吉川さおりが指摘した後、その割合は減りました。(公式サイト、2020年10月30日閲覧)

吉川 沙織のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま