中小企業・小規模事業者支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

173人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (173)

国際協調主義に基づく積極的平和主義のもと、日米関係を基軸に、豪州・インド・ACEAN・欧州など、普遍的価値を共有する国々との連携を強化し、自国貿易や国益に即した、経済連携交渉・投資協定・租税条約を推進し、諸外国の活力を我が国の成長に取り込むとともに、中小企業を含む日本企業および地方自治体の海外展開支援を強化します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

金子 俊平のプロフィール

中小企業、小規模企業の生産性向上。起業の支援とインキュベーターの育成。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

神谷 昇のプロフィール

地域と都市部の多様な人材の中から、地域の中小企業・小規模事業者が必要とする人材を発掘し、紹介・定着まで一貫支援します。資金調達に支障が生じることのないよう、中小企業金融の充実と地域金融の機能強化を図ります。商店街を『生活空間』として捉え、その再生を図るとともに、中心市街地の活性化を加速させます。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

神山 佐市のプロフィール

大企業には大企業の、中小企業には中小企業の棲むべき領域があります。都会には都会の、地方には地方のルールや生き方があるはずです。大も小も、強も弱も、お互いに生存するための「棲み分け」は、やはり政治の力(舵取り)が必要不可欠です。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城内 実のプロフィール

日本の宝である「地域で頑張る中小企業」の技術力を活かした新製品や新技術の開発支援、販路拡大支援。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

黄川田 仁志のプロフィール

中小企業への金融支援を強化し、産業空洞化を防ぐため企業の国内立地を推進します。(公式サイト、2020年12月2日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

地域・中小零細企業購入法(仮称)を制定し、地域の公共事業は地域の中小企業に、地域金融機関の貸し出しは先ず地域に、地域に資金を回すこと。中小零細企業の事業承継について、非公開株式や事業用資産等の取り扱いや後継人材確保をはじめ、より一層円滑化すること。社会的企業を目指す地域の若者の創業支援。特に、アイディア・志を持つ若者と資金の出し手、社会的企業サポートの公的マッチング制度の創設。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール

中小企業・小規模事業者の経営の強化と生産性向上に向けた支援(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 次郎のプロフィール

中小企業・小規模事業者の事業継承、生産性向上を支援(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 弥生のプロフィール

日本経済を支えてきた中小企業に場当たり的な支援をするのではなく、大局的な視点から企業同士が連携をはかれる支援を実現します。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

工藤 彰三のプロフィール

中小零細企業対策も重要課題です。先の国会で小規模企業活性化法が成立しましたが、国内企業 421万社のうち企業数で87%を占める小規模企業の活性化をはかるため、今後はその趣旨を実現していかなくてはなりません。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

熊田 裕通のプロフィール

企業の技術革新投資への余力が小さくなってきたことを補うため、政府が腰を据えて、これを支援すること(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小泉 龍司のプロフィール

「中小企業の日」を制定し、地場産業を支援。人手不足の解消支援。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

國場 幸之助のプロフィール

地域の雇用は中小企業で守られています。中小企業の応援団として皆さんの悩みを解消します。また設備投資や新商品開発などの事業推進を支援します。インフラの整備にも努めます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小寺 裕雄のプロフィール

地域の雇用は中小企業で守られています。中小企業の応援団として皆さんの悩みを解消します。また設備投資や新商品開発などの事業推進を支援します。インフラの整備にも努めます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 茂樹のプロフィール

地域の担い手である中小企業や小規模事業者に活力をもたらす施策を推進します。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 鷹之のプロフィール

『中小企業憲章』を定め、国がタテ割り行政を越えて総合的に支援する。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小宮山 泰子のプロフィール

中小企業には、国が社会保障料の一部を補填するなどの支援をします。最低賃金と労働生産性は相関しているため、労働生産性が上がれば、GDP1%の上昇で税収が1兆円は増えます。また給与増にともなって、国内消費が上がれば国の税収も上がります。普通に働く人々の生活を守り、ボトムアップを実行する。そのための施策を進めていきます。中小企業の権利と開発能力を高めるため、中小企業省を設置し、産官学の連携を豊かにし、資源のない我が国の利点である、人材育成に力を入れるとともに、海外からの人材の活用にも力を入れます。そして、正社員と非正社員の均等待遇を実現し、年金と健康保険の充実を図ることで内需の基盤を強化します。中国をはじめとするアジア諸国へのアプローチも重要です。

近藤 昭一のプロフィール

下請け法・公正取引の徹底による中小企業保護(公式サイト、2020年12月3日閲覧)

後藤田 正純のプロフィール

正社員で働きたい方が働けるよう、中小企業が正社員を新たに雇った場合の社会保険料事業主負担の半分を国が助成する法案を提出しています。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま