中小企業・小規模事業者支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

173人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (173)

嘘を言わない技術こそが中小企業の持つ力であります。これからの愛知・日本を支える経済力の源は、中小企業の存続・育成にかかっています。(公式サイト 2020年10月28日閲覧)

藤川 政人のプロフィール

大企業優遇よりも中小企業の支援(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

舟山 康江のプロフィール

若者の創業・企業を応援し、必要な知識習得やビジネスプランの作成を応援。融資、補助金などの資金調達もサポートします。(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

三浦 信祐のプロフィール

中小企業の資金繰り・賃上げ支援(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

宮崎 勝のプロフィール

「少量生産・高い付加価値型」ビジネスが成長戦略となる時代は、まさに中小企業の出番です。私の指示で始まった経済産業省の「成長戦略の見える化」プロジェクトを今後も推進し、中小企業に日本の成長の新しいエンジンを担っていただくために全力を傾けます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

宮沢 洋一のプロフィール

自らの起業経験を基に中小企業経営者の育成・支援に努め、中小企業が持つ技術を有効活用される場をつくっていくことで、着実に動き始めた日本経済の更なる景気向上を図ります。地域需要から海外需要を取り組む事業者まで含めて、誰もが事業者を応援できる社会制度の構築を目指し、中小企業から景気向上・地域活性化を図り、日本を元気にしていきます。(公式サイト、2020年12月4日)

元栄 太一郎のプロフィール

地域主権改革と地域経済の活性化。国から地方への財源・権限移譲を進めます。地場・中小企業や新たな企業には公的支援を拡充し、過疎化の歯止めと対策を強化します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

森本 真治のプロフィール

政労使会議や税制の工夫などを通じた企業利潤の賃金への反映の促進を行うとともに、中小企業であっても賃上げを可能とすることができるべく、支援等必要な措置をとります。会社の所有者である株主のみならず、顧客や従業員、地域の関係者などに利益を還元することは長期的な会社の利益となり経済全体の活性化を生みます。しっかりしたコーポレートガバナンス論のもと、好循環経済の実現を企業とともに成し遂げます。日本の中小企業の9割ほどは、実は、従業員5名以下である「小規模事業者」です。地域活性化、雇用拡大のためには、「小規模事業者」に重点を置いた政策が重要です。「小規模事業者」の多くがその潜在能力を活かしきれない現状を打破する必要があります。「小規模事業者」の活力のため、技術があっても、経営や販路拡大などに資源を避けない企業を支え合う仕組みをつくらないといけません。地元の商工会や金融機関、NPOなどを取り込んだ支え合いの輪をつくるために必要な支援法の制定を目指します。中小企業に対する国の補助金制度も、実際上は一部の(ほぼ大企業に匹敵する)中企業に偏るなどの問題もあります。小規模事業者のみに適用される補助金制度などを拡充します。同じように頑張っているのに、不当な取引条件のために利益があがらないという状態は、健全な資本主義の姿ではありません。「頑張っている中小企業」を保護するためにも、独占禁止法や下請け法などの十分な執行をはかるともに、公正取引委員会の体制を強化し、中小企業が公平・公正な土壌で競争のできる環境を整備することにより、景気回復の実感を広げてまいります。国として、国際的なビジネス環境を整備し、中小企業の競争力を強化していきます。例えば、アジアなど海外の市場の動向や法務、知的財産について1カ所でまとめて相談できるような細やかなサポート体制を整え、中小企業の海外へのアピール力、「売る力」の強化を目指し、バックアップしていきます。とりわけ、成長著しい東南アジア市場のニーズを捉えるための活動をしてまいります。若者の仕事への不安や悩みを払拭するため、インターンシップ(就業体験)制度の長期化や学校等での単位化を推進するとともに、受け皿となる企業を拡大するため、インターンシップを受け入れる中小企業への支援策を講じます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

矢倉 克夫のプロフィール

安江は、弁護士時代、多重債務を抱える経営者の事業再生に奔走。愛知中小企業家同友会にも所属し、多くの中小企業経営者にかかわり、ともに解決の糸口を模索してきました。本年1月には、ある一人の中小企業経営者から受けた「ものづくり補助金の使い勝手をよくしてほしい」との要望をすぐさま国に直談判。採択時期を3か月前倒しするなど、運用改善を後押ししました。国内企業の99.7%を占め、全労働者の約7割が働く中小企業は、地域経済・雇用を支える屋台骨です。しかし、中小企業を取り巻く環境は厳しく、特に、経営者の高齢化に伴う事業承継は深刻な課題です。今後10年間で70歳を迎える経営者は約245万人に上り、そのうち半数は後継者が決まっていません。安江は、日本経済の持続的な成長のために、中小企業を力強く支える取り組みを推進します。20万社以上の中小企業が集まる愛知県。製造品出荷額等は41年連続全国1位で、日本最大の「ものづくり集積地」です。これからも安江は、県内の中小企業1軒1軒の声を伺い、政治に反映させます。具体的には、経営者が円滑に事業承継を行えるよう、「事業引継センター」の機能強化に尽力します。また、「ものづくり補助金」のさらなる拡充、女性や高齢者、外国人など、多様な人材の確保と育成支援、働き方改革にも全力で取り組みます。安江は先日、若者の就職を支援するジョブカフェ「ヤング・ジョブ・あいち」(名古屋市)を訪問。同施設は求職者のニーズに合わせ、専門員による相談や面接会を実施しています。担当者から、雇用環境の動向や、働き方改革を進める中小企業への支援策について話を聞きました。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

安江 伸夫のプロフィール

中小企業や小規模事業者、NPOなど多様な主体による地域経済の活性化を図るため、技術 革新や設備投資を後押しする「ものづくり補助金」の恒久化・通年化、コミュニティビジネスやソ ーシャルビジネスなどの創業支援、事業継続計画(BCP)の策定などの災害対応の強化を図 ります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山本 香苗のプロフィール

新しい成長戦略、中小企業の活性化(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山本 博司のプロフィール

賃上げなくして成長はありません。最低賃金を引き上げ、時給1000円以上の実現と正規雇用の増加、中小零細企業への支援を強力に進めます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

横沢 たかのりのプロフィール

中小企業の支援策として、「金融円滑化法」を再延長。その上で中小企業経営者が、経営改善のノウハウを気軽に相談できる「ビジネスカフェ(仮称)」を設置します。また東北の発展に不可欠な農林水産業の発展のためにその従事者の相談窓口(例:農業の場合「アグリビジネスカフェ(仮称)」)を設置。さらにこうした産業の後継者育成を推進します。(公式サイト、2020年10月30日閲覧)

若松 謙維のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま