中小企業・小規模事業者支援

この政策について 未達成

無所属の議員の賛否

15人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (15)

中小企業を中心とする日本の『ものづくり』の潜在可能性を十分に引き出し、従業員(特に若年層)の所得水準を高められるよう、高付加価値を生み出せるビジネスモデルを育成するべく政策強化を行ってまいります。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋元 司のプロフィール

地域を支える中小企業の生産性向上のため、研究開発、人材、IT、デザインなど、ソフト面への支援を強化する。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江田 憲司のプロフィール

正社員を増やした中小企業を応援するため、新規雇用で増えた事業主負担の社会保険料の半分を助成します。中小企業の負担が重いインボイス・外形標準課税は行いません。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

階 猛のプロフィール

中小企業の法人税を15%から11%に引き下げます。(公式サイト、2020年11月2日閲覧)

初鹿 明博のプロフィール

失業率が5.4%から4.2%に改善。中小企業予算を90%アップ。(1890→3356億円)倒産件数が年7736件→6051件に20%減少。商店街や中小企業の活性化。(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山井 和則のプロフィール

企業の社会保険料負担を軽減します。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

笠 浩史のプロフィール

中小企業、伝統工芸産業の振興をはかります。「21世紀ビジョン」「アジア経済戦略構想」の実現に協力し、観光産業、地場産業、農業・漁業および中小企業の振興を図る。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

伊波 洋一のプロフィール

大企業も中小企業も潤う地域と密着した企業支援」 「中小企業振興条例で事業承継などの仕組みづくりを推進(公式サイト、2020年10月21日閲覧)

嘉田 由紀子のプロフィール

産業や雇用の基盤を支えている中小零細企業の支援策を強化します。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

斉藤 嘉隆のプロフィール

当時の法制度では、甚大な被害を受けた東北の中小企業を十分に支援できませんでした。そこで、当時財務副大臣だった私は、中小企業支援制度「グループ化補助金」を創設。これによって、中小企業の皆さんが復旧費の助成を受けられるようになりました。中小企業の方々を苦しめていた「貸しはがし」をなくすため、「中小企業金融円滑化法」を成立させ、中小企業の資金繰りの大幅な改善に貢献しました。中小企業は全企業の99.7%を占め、雇用の約7割を担っています。豊かな国民生活の実現には、中小企業が元気であることが欠かせません。そこで私は、中小企業関連団体とともに、国が中小企業を支え、成長を手助けするための「中小企業憲章」制定を提案し続け、ついに制定に結び付きました。日本の中小企業が持つ優れた製品や技術を、ODA(政府開発援助)に積極的に活用する仕組みを作りました。これによって、途上国の開発に中小企業の製品・技術が生かされるようになりました。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

櫻井 充のプロフィール

秋田経済のけん引役である中小企業が個性や可能性を存分に伸ばすことができるよう、社会保険料負担の軽減により正規雇用を増やし、事業承継政策の拡充により事業の継続を支援します。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

てらた しずかのプロフィール

ヤル気のある中小企業・個人営業主、地域ベンチャー・起業を徹底応援(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

永江 孝子のプロフィール

中小企業対策を含む地域経済への支援強化(公式サイト、2020年10月23日閲覧)

はが 道也のプロフィール

大企業優遇よりも中小企業の支援(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

舟山 康江のプロフィール

地域主権改革と地域経済の活性化。国から地方への財源・権限移譲を進めます。地場・中小企業や新たな企業には公的支援を拡充し、過疎化の歯止めと対策を強化します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

森本 真治のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま