中小企業・小規模事業者支援

この政策について 未達成

公明党の議員の賛否

24人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (24)

中小企業の生産性向上をめざし、「ものづくり・サービス補助金」を拡充し、中小企業の海外展開を支援します。燃油価格高騰への対策を強化。農林水産業、運送業などの燃料依存度の高い業界を支援します。高速道路の大口利用、多頻度割引を継続します。(公式サイト、2020年12月2日閲覧)

赤羽 一嘉のプロフィール

中小企業の皆さんが、原材料の値上がりなどを含め、下請けの取引条件を改善できるよう、積極的に取組みます。利益が上向かない、あるいは人手不足に悩む中小サービス業者に対して、生産性向上のための支援を強化します。必要な時こそ頼ることが出来るよう、公的金融機関の中小企業への支援を充実させます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

地域経済をけん引する中小企業の育成。地域資源のブランド化推進や創業・経営に関する身近な相談窓口の設置など、中小企業・小規模事業者の経営支援を図る。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

稲津 久のプロフィール

病院や学校の耐震化、太陽光発電の導入など、必要な社会資本の整備を進め、中小企業の仕事をつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浮島 智子のプロフィール

中小企業への金融支援を強化し、産業空洞化を防ぐため企業の国内立地を推進します。(公式サイト、2020年12月2日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

企業の事業継続支援や、雇用の維持・確保に取り組みます。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

遠山 清彦のプロフィール

地域人材バンク拠点の創設や海外進出の支援で中小企業を応援します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

中野 洋昌のプロフィール

経済の本格的再建には、企業の9割以上を占める中小企業の活性化も必要です。中小企業の〝稼ぐ力〟をいかに伸ばしていくか。その意味で、TPP(環太平洋連携協定)は大きなチャンス。世界のGDP(国内総生産)の約4割を占める新たな巨大自由貿易圏の誕生は、中小企業の国際競争力を強化する絶好機です。中小企業の生産性を高めるため、設備投資などへの税制優遇や下請け取引の条件改善などを推し進めるとともに、海外展開をめざす企業への支援策の充実に努めていきます。人口減少や少子高齢化が進む中、医療とITは今後も市場の拡大が見込まれる分野です。再生医療や創薬研究、ロボット開発などに中小企業の高い技術力をもっと生かす体制を整備し、日本と世界をリードする新産業の創出を後押ししていきます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石川 博崇のプロフィール

中小企業の取引条件の改善、農林水産業の成長産業化を推進。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

伊藤 孝江のプロフィール

日本にある企業数の99.7%を占める中小企業が元気になることが、日本を元気にすることとの思いから、これまで、中小企業事業者の設備投資にかかる固定資産税を大幅に軽減する制度など、中小企業支援を推進。今後も、さまざまな政策を推し進めます。中小企業の設備投資支援のほか、農林水産業の担い手不足の解消などに取り組み、日本の屋台骨を守ります。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

佐々木 さやかのプロフィール

福岡の経済を支える中小企業への支援策を強化するため、生産性向上につながる情報技術(IT)導入への支援や、事業承継支援の推進、人手不足の解消、周辺の企業や大学と連携し、地域全体の成長につながる事業への後押しに取り組みます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

下野 六太のプロフィール

経済を発展させるため、新産業の育成や中小企業の生産性向上を促進します。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

竹谷 とし子のプロフィール

中小企業の資金繰りを支える信用保証制度をNPO法人も利用可能に。地域で頑張るNPO法人を応援します。リスクの分散化で創業・起業を支援。U・I・Jターン就職を促進します。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

谷合 正明のプロフィール

IoT、ITの利活用で中小企業の生産性向上(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

新妻 秀規のプロフィール

下請けに不利な取引条件を改善。中小企業税制を拡充し、事業継承を円滑に。中小企業の新事業創出を後押し、生産性を向上。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

西田 実仁のプロフィール

昨年度までに全国でのべ 4 万社が活用したものづくり・商業・サービス革新補助金を毎年 1 万社目標にさらに継続的に実施し、中小企業の新分野進出・高効率生産を後押しします。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

浜田 昌良のプロフィール

海外での販路開拓や物流を支援し、日本の中小企業がもつ優れた商品やサービスの世界展開を後押しします。起業しやすい環境整備を進めるとともに、経営者保証に依存した融資慣行を改め、再チャレンジしやすい社会をめざします。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

平木 大作のプロフィール

若者の創業・企業を応援し、必要な知識習得やビジネスプランの作成を応援。融資、補助金などの資金調達もサポートします。(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

三浦 信祐のプロフィール

中小企業の資金繰り・賃上げ支援(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

宮崎 勝のプロフィール

政労使会議や税制の工夫などを通じた企業利潤の賃金への反映の促進を行うとともに、中小企業であっても賃上げを可能とすることができるべく、支援等必要な措置をとります。会社の所有者である株主のみならず、顧客や従業員、地域の関係者などに利益を還元することは長期的な会社の利益となり経済全体の活性化を生みます。しっかりしたコーポレートガバナンス論のもと、好循環経済の実現を企業とともに成し遂げます。日本の中小企業の9割ほどは、実は、従業員5名以下である「小規模事業者」です。地域活性化、雇用拡大のためには、「小規模事業者」に重点を置いた政策が重要です。「小規模事業者」の多くがその潜在能力を活かしきれない現状を打破する必要があります。「小規模事業者」の活力のため、技術があっても、経営や販路拡大などに資源を避けない企業を支え合う仕組みをつくらないといけません。地元の商工会や金融機関、NPOなどを取り込んだ支え合いの輪をつくるために必要な支援法の制定を目指します。中小企業に対する国の補助金制度も、実際上は一部の(ほぼ大企業に匹敵する)中企業に偏るなどの問題もあります。小規模事業者のみに適用される補助金制度などを拡充します。同じように頑張っているのに、不当な取引条件のために利益があがらないという状態は、健全な資本主義の姿ではありません。「頑張っている中小企業」を保護するためにも、独占禁止法や下請け法などの十分な執行をはかるともに、公正取引委員会の体制を強化し、中小企業が公平・公正な土壌で競争のできる環境を整備することにより、景気回復の実感を広げてまいります。国として、国際的なビジネス環境を整備し、中小企業の競争力を強化していきます。例えば、アジアなど海外の市場の動向や法務、知的財産について1カ所でまとめて相談できるような細やかなサポート体制を整え、中小企業の海外へのアピール力、「売る力」の強化を目指し、バックアップしていきます。とりわけ、成長著しい東南アジア市場のニーズを捉えるための活動をしてまいります。若者の仕事への不安や悩みを払拭するため、インターンシップ(就業体験)制度の長期化や学校等での単位化を推進するとともに、受け皿となる企業を拡大するため、インターンシップを受け入れる中小企業への支援策を講じます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

矢倉 克夫のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま