憲法改正

この政策について 未達成

憲法9条の改正や緊急事態条項など条文問わず憲法の改正を目指す政策。

無所属の議員の賛否

21人
16人
3人
賛成 52.5%
反対 40.0%
中立 7.5%

賛成する議員 (21)

戦後67年近く経つにあたり、自らの国は自らで守るという「普通の国」を目指し、国民主権・平和主義・基本的人権の尊重を柱にしながら、国際貢献・教育・環境など現代社会に適合する概念を盛り込むべく、憲法改正の実現を目指します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋元 司のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として戦争放棄と自衛隊についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

井出 庸生のプロフィール

憲法9条をいかし、専守防衛を貫き合憲の範囲内で現実的な対応。(公式サイト、2020年9月28日閲覧) 憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として国民の権利と義務・情報公開についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

伊藤 俊輔のプロフィール

日本国憲法の掲げる『国民主権、基本的人権の尊重、平和主義』の基本精神を具現化するため、地方自治など時代の変化に対応した必要な条文の改正を目指す。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・プライバシー権・環境権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

江田 憲司のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・二院制・衆議院の解散についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

柿沢 未途のプロフィール

憲法改正に関して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

玄葉 光一郎のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・環境権・プライバシー権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

佐藤 公治のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・環境権・情報公開についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

重徳 和彦のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

下地 幹郎のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として衆議院の解散・情報公開・環境権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

田嶋 要のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として衆議院の解散・二院制・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

寺田 学のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

中村 喜四郎のプロフィール

情報公開、地方自治、衆議院の解散に関して憲法を改正する必要があると回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

野田 佳彦のプロフィール

衆議院の解散、地方自治、環境権に関して憲法を改正する必要があると回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

初鹿 明博のプロフィール

地方自治、情報公開、二院制に関して憲法を改正する必要があると回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

細野 豪志のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として二院制・地方自治・緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

松原 仁のプロフィール

自衛隊が米軍指揮下で世界中に派兵されかねない憲法改正は、現時点で不要です。憲法は広く国民の理解の下で、改正含めて議論をすべきであり、国民的議論の熟度を高めることがまず必要だと考えます(公式サイト、2020年11月5日閲覧)憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・衆議院の解散についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

馬淵 澄夫のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として衆議院の解散・地方自治・環境権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

本村 賢太郎のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として衆議院の解散・情報公開・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

山井 和則のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として衆議院の解散・情報公開についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

柚木 道義のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま