憲法改正

この政策について 未達成

憲法9条の改正や緊急事態条項など条文問わず憲法の改正を目指す政策。

公明党の議員の賛否

24人
4人
8人
賛成 66.67%
反対 11.11%
中立 22.22%

賛成する議員 (24)

情報公開、環境権、地方自治に関して憲法を改正する必要があると回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として情報公開・環境権・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

赤羽 一嘉のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・国民の権利と義務についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

伊佐 進一のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・情報公開・プライバシー権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

石井 啓一のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として環境権・緊急事態条項・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

石田 祝稔のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

伊藤 渉のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目としてプライバシー権・環境権・国民の権利と義務についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

稲津 久のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として環境権・緊急事態条項・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

江田 康幸のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として環境権・地方自治・緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

大口 善徳のプロフィール

「憲法改正に賛成ですか、反対ですか。」という質問に対して「無回答」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月) 憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

太田 昭宏のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・戦争放棄と自衛隊・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

岡本 三成のプロフィール

憲法改正に関して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

北側 一雄のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

斉藤 鉄夫のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目としてプライバシー権・緊急事態条項についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

佐藤 英道のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・プライバシー権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

高木 美智代のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・戦争放棄と自衛隊・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

遠山 清彦のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として戦争放棄と自衛隊についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

富田 茂之のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・環境権・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

中野 洋昌のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として緊急事態条項・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

浜地 雅一のプロフィール

基本的人権の尊重、国民主権、恒久平和主義。この3原則は、日本国憲法の骨格をなす優れた人類普遍の原理です。時代に合わせて憲法を発展させるに当たっては、この3原則を堅持しつつ、新たに必要とされる理念・条文を現行憲法に加える『加憲』が最も現実的で妥当な方式と考えます。『加憲』論議の対象としては、例えば、環境権など新しい人権、地方自治の拡充などが挙げられます。憲法第96条に定められている憲法改正の手続については、改正の内容とともに議論するのがふさわしいと考えます。近代憲法が個人の権利・自由を確保するために国家権力を制限するという立憲主義に基づくことを踏まえ、通常の法律の制定と比べて、より厳格な改正手続を備えた“硬性憲法”の性格を維持すべきであると考えます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

濱村 進のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目としてプライバシー権・環境権についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

古屋 範子のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま