憲法改正

この政策について 未達成

憲法9条の改正や緊急事態条項など条文問わず憲法の改正を目指す政策。

日本維新の会の議員の賛否

19人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (19)

憲法改正の国民投票に向けた議論をリード。憲法改正原案(教育無償化、統治機構、憲法裁判所)を公表。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

足立 康史のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

井上 英孝のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

浦野 靖人のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

遠藤 敬のプロフィール

憲法を改正し、首相公選制、一院制(衆参統合)、憲法裁判所を実現する。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

串田 誠一のプロフィール

憲法改正に対して「どちらかと言えば賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・衆議院の解散・戦争放棄と自衛隊についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

杉本 和巳のプロフィール

時代に適した“今の憲法”へ。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

谷畑 孝のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

馬場 伸幸のプロフィール

自主憲法の制定。地方自治を定めた92〜95条の改正。憲法9条の改正。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として地方自治・戦争放棄と自衛隊・憲法改正の手続についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

藤田 文武のプロフィール

憲法改正に対して「賛成」と回答。改正すべき項目として憲法改正の手続・国民の権利と義務・地方自治についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

森 夏枝のプロフィール

現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として教育の充実に向けた環境整備・地方公共団体の権限強化・憲法裁判所設置についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

東 徹のプロフィール

現在の憲法は「どちらかと言えば変える必要がある」と回答。改正すべき項目として自衛隊の保持・集団的自衛権の保持・憲法裁判所設置についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

梅村 さとしのプロフィール

現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として自衛隊の保持・教育の充実に向けた環境整備についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

梅村 みずほのプロフィール

教育無償化・統治機構改革・憲法裁判所の設置について改正を提案。首相公選制の導入を提言。知る権利やプライバシー権など、新しい人権規定の追加(公式サイト、2020年11月5日閲覧)現在の憲法は「どちらかと言えば変える必要がある」と回答。改正すべき項目として教育の充実に向けた環境整備・首相公選制・地方公共団体の権限強化・憲法裁判所設置についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

おときた 駿のプロフィール

現在の憲法は「変える必要がある」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

清水 貴之のプロフィール

現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として自衛隊の保持・教育の充実に向けた環境整備についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

鈴木 宗男のプロフィール

憲法は不磨の大典ではありません。時代の変化に合わせて改正すべきです。国民の知る権利・プライバシー権や自衛隊の役割の明記、地方自治の確立など、改正すべきテーマを憲法審査会で議論した上で発議し、国民投票で主権者である国民の判断を求めていきます。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として自衛隊の保持・集団的自衛権の保持・プライバシー権・知る権利・首相公選制についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

松沢 成文のプロフィール

憲法96条の改正による国民的議論の進展。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)現在の憲法は「変える必要がある」と回答。改正すべき項目として教育の充実に向けた環境整備・地方公共団体の権限強化・憲法裁判所設置についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

室井 邦彦のプロフィール

教育無償化等に向けて、憲法改正議論を強く促進。時代にそぐわない部分がでてきた日本国憲法について、改正を前提に議論を深めていきます。特に教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置の三項目について改正を目指します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)現在の憲法は「どちらかと言えば変える必要がある」と回答。改正すべき項目として教育の充実に向けた環境整備・地方公共団体の権限強化についてを挙げている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

柳ヶ瀬 裕文のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま