憲法改正

この政策について 未達成

憲法9条の改正や緊急事態条項など条文問わず憲法の改正を目指す政策。

政策への賛否(議員)

412人
99人
39人
賛成 74.91%
反対 18.0%
中立 7.09%

反対する議員 (99)

自身の公式サイトで「専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する、安保法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」と明言 2013年9月に、『文芸春秋』10月号に「憲法九条 私ならこう変える 改憲私案発表」と題する論文を発表。憲法改正には必ずしも反対ではないが、安倍内閣の憲法「改悪」への反対と、立憲主義の擁護を訴えている。

枝野 幸男のプロフィール

立憲主義や憲法の平和主義を理解しない安倍総理のもとで、憲法論議、特に9条に関する議論をすることは反対です。(オフィシャルブログ、2018年3月27日)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

岡田 克也のプロフィール

「憲法改正に賛成ですか、反対ですか。」という質問に対して「反対」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月)

小沢 一郎のプロフィール

「憲法改正に賛成ですか、反対ですか。」という質問に対して「反対」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月) 憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

志位 和夫のプロフィール

自民党の憲法草案の発議を阻止します。自民党の憲法草案は「国民主権」「平和主義」「個人の尊厳」を否定しています。憲法の明文改正を許しません。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

憲法改悪を阻止するために全力をつくします。憲法9条を生かし、東アジアに平和的環境をつくるための外交努力を求めます。自衛隊情報保全隊による憲法違反の国民監視を許しません。(公式サイト、2020年9月24日閲覧) 憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

赤嶺 政賢のプロフィール

真の立憲主義を確立し、9条をはじめ憲法の平和主義を守ります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

池田 真紀のプロフィール

憲法第9条の改正に反対。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

石川 香織のプロフィール

私は、はじめて日本国憲法(前文)を読んだ時、〝不戦の決意・戦争放棄〟と〝人権・平和の理念〟は、戦争を体験した父母世代の労苦の結果できたものとして、子ども心にも大切なものとして深く刻みました。しかし、安倍政権の解釈改憲や安保法制の強行採決など、憲法をないがしろにする強権政治をこのまま許しておくわけにはいきません。今こそ対峙する勢力は一つにまとまって力を合わせていく必要があります。私は、生活に根差した普通の市民の代表として、『立憲主義・民主主義・平和主義』を尊重し、いのちを大切にする政治を取り戻すために活動していきます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

大河原 雅子のプロフィール

専守防衛を逸脱した集団的自衛権の一部行使容認に反対し、立憲主義を回復します。市民の声なき改憲に反対します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

尾辻 かな子のプロフィール

『憲法9条のノーベル平和賞受賞!』の合言葉のもと、国家の最高法規である憲法をしっかり守ることが重要です!日本の安全保障に最も重要な憲法9条に違反する法律・条約の制定・施行は認めてはなりません。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

末松 義規のプロフィール

2011年秋、衆参両院の憲法審査会が始動しました。いらい、衆議院憲法審査会の委員である私は、一貫して『護憲』の立場から意見表明を続けています。3.11大震災以降、民主党・自民党の議員らは、憲法に非常事態条項を挿入し、非常事態時には内閣の権限を集中して国民の自由と人権を規制できるよう改憲すべきだ、と声高に叫んでいます。これらの主張は、大震災を口実に改憲への突破口を開こうとするもので、与するわけにはいきません。沖縄は、復帰前は「無憲法」下に置かれ、復帰後は今日もなお「反憲法」下の状況に置かれた続けたままです。だからこそ、私は平和憲法を大切にして護りたい、平和憲法の理念が真に息づく沖縄を実現したい、と強く願います。その政治信念に基づき、憲法審査会の中でいかなる改憲策動(論憲、創憲、加憲など)にも反対して頑張っています。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

照屋 寛徳のプロフィール

憲法9条の改悪をストップ!『憲法9条2項の空文化=死文化』と『海外での無制限の武力行使』をねらう安倍首相の改憲策動を許しません。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

畑野 君枝のプロフィール

専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する、安保法制を前提とした憲法9条の改悪に反対します。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

日吉 雄太のプロフィール

自衛隊による専守防衛と日米安全保障条約で日本国民と国土をしっかり守ります。一方、外国の戦争への参加につながりかねない集団的自衛権を含む安保法制は憲法違反であり、廃止します。勝手な解釈変更で憲法を捻じ曲げた安倍総理に憲法改正を提起する資格はありません。憲法9条の改悪に反対し、日本の平和主義を守ります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)憲法改正に対して「反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

本多 平直のプロフィール

憲法9条をしっかり守り、世界平和に貢献します。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

道下 大樹のプロフィール

憲法改正反対!(平和憲法を守り、専守防衛に徹する)(公式サイト、2020年10月15日閲覧)憲法改正に対して「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

村上 史好のプロフィール

これまで、数の力で押し切る強引な政治が推し進められてきました。単純な多数決が民主主義ではありません。どんな考えの内閣であっても、どの政党が政権を担っても、権力行使について超えてはならない一線を決めたルールが憲法です。権力は憲法によって制約されるという立憲主義を回復させ、まっとうな政治を取り戻します。権力者がつくった法律が国民を規律しているのに対し、憲法は国民が自らの権利を守るために、権力を縛るものです。どんな考えの内閣であっても、どの政党が政権を担っても、権力行使について超えてはならない一線を決めたルールが憲法です。立憲主義とは、憲法によって権力を縛り、暴走させないという原則。縛られる側の権力者が改憲の旗を振り、声高にあおるのは論外です。憲法の危機の根源は、権力行使への制約を振り払おうとする権力者のおごりにほかなりません。(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山花 郁夫のプロフィール

立憲主義に反する安保法を前提とした安倍政権による憲法改定に反対し、平和主義を回復させます。(公式サイト、2020年10月21日閲覧)現在の憲法は「どちらかと言えば変える必要はない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

おぬま たくみのプロフィール

立憲主義を守り、平和を守るために、現政権下の9条改正と緊急事態条項追記に反対(公式サイト、2020年10月21日閲覧)現在の憲法は「変える必要はない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

嘉田 由紀子のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま