介護業界における人材不足問題の解決

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

93人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (93)

自身の公式サイトで「介護士の待遇改善・給与引き上げ」と明言

枝野 幸男のプロフィール

医師不足対策・介護の質の向上に取り組んでいます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

内需拡大と完全雇用の実現を目指して、継続的な財政出動を行う。特に、新エネルギー関連産業と福祉関連産業、農林水産業での雇用を創出・拡大する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

介護分野でも施設の充実(16万人分)と介護報酬のさらなるアップ、介護人材の拡充(30万人)(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

公的病院を支え、地域医療を守ります。医療介護の改悪法成立に伴い、要支援1〜2の通所サービス・訪問サービスが地域包括ケアシステムへと移管されます。地域で受け皿をつくる必要があります。介護保険制度の立て直しを図ります。医療・介護従事者の労働条件を改善します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

保育士・介護職員の給与、労働条件の改善で、福祉の担い手を確保。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

介護士、保育士など待遇改善(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊藤 俊輔のプロフィール

2020年代初めに50万人分の介護の受皿整備。介護人材の待遇の抜本的改善出。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

うえの 賢一郎のプロフィール

特養老人ホームなどの介護3施設の倍増とともに、在宅支援の強化、介護分野で働く人材確保を進めます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浮島 智子のプロフィール

保育士や介護人材の処遇改善保育士などの給与を2%増やし、経験によりさらに4万上乗せ。介護士は月額平均1万円増やせるように介護報酬を加算。保育の受け皿は50万人分拡大、介護では小規模特別養護老人ホ—ムの整備。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大塚 高司のプロフィール

国づくりは人づくりです。歳出・歳入改革を進め、介護職員の処遇改善など高齢者の保障に加え、幼稚園・保育園の無償化、保育施設のさらなる整備など、働く世代が安心して子育てできる全世代型社会保障の構築を進めます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大塚 拓のプロフィール

認知症対策の充実、介護職の待遇改善により、介護離職をなくす。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大西 健介のプロフィール

介護分野を充実させることで公共工事にかわる雇用を創出する。介護施設を充実させ、高齢者家族を家族と地域でケアしていける社会を目指す。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

岡本 充功のプロフィール

保育・教育、医療・介護分野の賃金を底上げします。担い手不足の解消と共に、格差を是正し、公正な分配によって、経済の好循環も同時に生み出します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

尾辻 かな子のプロフィール

医療・福祉・介護人材の育成及び確保(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

菅家 一郎のプロフィール

介護職と保育職の待遇改善を促す法律を作ります。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城井 崇のプロフィール

医療の充実とともに、介護保険の規制を緩和し、対価を得てより質の高い多様なサービスを提供することを可能にするべきです。これにより高齢者のニーズに応えつつ、介護スタッフにより高い賃金を支払うことが可能になります。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小泉 龍司のプロフィール

医療・介護従事者の待遇改善で質の向上を。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

國場 幸之助のプロフィール

介護士手当の充実に取り組みます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小寺 裕雄のプロフィール

介護サービスの質を確保するため、全ての介護職員の賃金を引き上げるとともに、在宅医療の推進など医療と介護の連携を推進します。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール