高等教育への支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

50人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (50)

自身の公式サイトで「児童手当・高校等授業料無償化ともに所得制限の廃止、大学授業料の減免、奨学金の拡充」と明言

枝野 幸男のプロフィール

企業のグローバル展開を支えるグローバル人材を育成するため、「秋入学」の導入、日本版「ギャップ・イヤー」の導入や海外就業体験の促進、大学改革による世界に通用するイノベーション人材の創出などを推進します。

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「社会に出る前の職業訓練を鍛え、これをさらに、現在不運にも失業されてしまっている方々への支援として発展させていきます」と明言 自身の公式サイトで「高校における無償の職業訓練」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「学校法人制度の抜本的見直しや大学のガバナンス改革を推進します」と明言

石破 茂のプロフィール

高校授業料の無償化は堅持する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧) 世界の最高水準を目指して大学教育の質を高めるとともに、社会人入学を奨励し、社会の幅広いニーズに応えられる人材を育成する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

年金・医療・介護はもちろん、若者・現役世代への公的支援として幼児・高等教育の無償化など若者・子育て支援を拡充・強化します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

武田 良太のプロフィール

「全ての人に開かれた教育機会」を確保するための幼児教育・高等教育の無償化。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

高校までの教育の完全無償化の実現(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 大学、専門学校の給付型奨学金を拡充し、対象を限定した上で無償化を検討(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

給付型奨学金の大幅な拡充など未来への投資を拡大

加藤 勝信のプロフィール

子ども・若者の学びを保証し貧困を解消します。無利子奨学金を拡充します。返済義務のない給付型奨学金をつくります。将来的な大学無償化を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

日本の若い世代を伸び伸びと育て、より創造性を高めていくために、高校生の宿題は全廃、小中学校の義務教育の内容も見直し,「自分の頭で考える」ためのトレーニングを取り入れていきます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 雅幸のプロフィール

授業料の減免措置の拡充や給付型奨学金の支給額を大幅に増やすことで、真に支援が必要な所得の低い家庭の子供に限って高等教育の無償化を実現します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

返済のいらない「給付型奨学金」を拡充します。奨学金を返済中の既卒者への減免制度をつくります。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

低所得世帯の子供への高等教育の無償化(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋葉 賢也のプロフィール

中高等教育におけるアクティブラーニングの積極的活用(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

荒井 聰のプロフィール

幼児教育の無償化をはじめ、真に必要としている子供達には高等教育を無償化し、誰にでも、いくつになっても、学び直しと新しいチャレンジの機会を確保するなど、この国の教育を抜本的に拡充します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 佳隆のプロフィール

高等教育の無償化(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

真に必要な子供たちの高等教育無償化を実現。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

うえの 賢一郎のプロフィール

幼児教育の無償化、高校生等奨学給付金、経済的に修学困難な専門学校生への支援、大学等奨学金事業の充実等、子供の貧困対策を、財源を確保しつつ推進します。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

岡下 昌平のプロフィール

消費税増税で財源を確保し、 全世代型社会保障の実現で幼児教育の無償化、高等教育の負担軽減による人づくり革命をひたむきに進めます。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門 博文のプロフィール