成長戦略の実行

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

8人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (8)

自身の公式サイトで「「産業投資立国」としての新たな国家経済モデルを創ります。海外に投資し、その収益を国内に還元する政策を大胆に推進します。日本の優れた産業、技術の国際展開を後押しします。地域経済を支える中小・小規模企業の頑張りを支援します。これからの成長を支える人材の育成に果敢に取り組みます。」と明言 自身の公式サイトで「産業の生命線である科学技術を国家戦略として推進し、「価値の創造拠点」とします。『産業競争力会議』(仮称)を創設し、真の「司令塔」として機能強化します。 日本の将来の成長分野を特定し、政策を集中投入します」と明言 自身の公式サイトで「国土強靱化計画の効果的な実施などにより、国内の有効需要や雇用の創出を図ります。国際競争力の強化やエネルギー効率の向上などにつながる生産設備への投資を支援するため、予算、税制等による大胆なインセンティブ付与を推進します。デフレを加速している行き過ぎた「安売り競争」について、独占禁止法の適正な運用を図ります。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「環境技術をアジアの各都市に輸出する」と明言

石原 伸晃のプロフィール

できるだけ税金と行政は小さくし、民間の活力を引き出すため、できる限り規制撤廃し、自由な経済と社会を構築すべきと考えます(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

井野 俊郎のプロフィール

景気・雇用を伸ばします(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

内需拡大と完全雇用の実現を目指して、継続的な財政出動を行う。特に、新エネルギー関連産業と福祉関連産業、農林水産業での雇用を創出・拡大する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

自身の公式サイトで「政府のグローバルマスへの海外市場進出支援。海外に向けて、日本は、純輸出の拡大でGDPの増加を見込むことができます。そのためには、日本企業はニッチ市場(利益は見込めるが小さな市場)ばかりで収益を拡大するのではなく、今後の新興国市場にも対応したグローバルマス市場(利益の総額が見込める大きな市場)への拡大を狙う必要もあるでしょう。政府は、グローバルマスへの海外進出支援をしっかり行うべきです。更に日本経済の根底を支える中小企業対策として、IoTインフラを拡充し、輸出の際に特に生ずる大企業と中小企業との格差をなくすこと、クールジャパンの促進なども有効な手段となります。」と明言

山田 太郎のプロフィール

大企業の過去最大の収益を更なる賃上げ、投資へと向かわせるため、予算や税制など大胆な政策ツールを用意。法人税の大胆な引き下げ(20%台)と、業界再編促進、インセンティブ税制(研究開発、設備投資、人材育成)の導入(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

大企業と中小企業の共存共栄モデルの推進、人への投資促進、地産地消の徹底などを通じて、富の適切 な「分配」を強化するとともに、中間所得層の厚みを増すため、最低賃金の引き上げ、教育費負担や住宅費負担の軽減策などを行うことにより、格差に向き合い、成長の果実を幅広く届けます。産業構造を転換し、「高付加価値モデル」による持続可能な経済システムを構築します。サプライチェーンの多角化や製造業の国内回帰など経済構造の多層化、経済インテリジェンスの強化など、経済安全保障体制を構築します(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岸田 文雄のプロフィール