「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現

未達成

この政策について

アジアとアフリカをつなぐ、アジアの海とインド洋におけるインフラや貿易を整備する「自由で開かれたインド太平洋」という安倍政権下で構想された政策。

賛成する政党

  • 自由民主党

    米国、豪州、インド、ASEAN、欧州など普遍的価値を共有する国々との連携を強化し、「自由で開かれたインド太平洋」を実現します。

反対する政党

なし(現在調査をおこなっています)

中立な政党

なし(現在調査をおこなっています)

賛成する議員

  • 菅 義偉 ( 自民 )

    公式サイトで「国益を守り抜くため、「自由で開かれたインド太平洋」を戦略的に推進するとともに、中国をはじめとする近隣国との安定的な関係を構築します。」と明言。

  • 石原 伸晃 ( 自民 )

    自身の公式サイトで「日本にとって、諸外国、特にアメリカ、中国そしてアジアの国々との関係は、日本の繁栄に不可欠なものです。その意味でも、アジア太平洋地域に高い自由度を持つ貿易圏を創出しようというTPPは極めて大切です。もちろん自然を相手にする農業など、他の産業とは違う分野はしっかりと保護していかなくてはならないことは言うまでもありません。」と明言

  • 石破 茂 ( 自民 )

    自身の公式サイトで「「自由で開かれたインド太平洋戦略」を継承し発展させます。アジア版 NATO の創設を目指します」と明言

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員

なし(現在調査をおこなっています)

中立な議員

なし(現在調査をおこなっています)