エネルギーの安定供給

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

134人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (134)

自身の公式サイトで「日本の資源・エネルギーの安定供給に資する海外の探鉱活動を下支えするため、海外減耗控除制度を拡充します。」と明言 自身の公式サイトで「日本の優れたエネルギー・環境産業や技術の国際展開を支援します。官民連携の下、新興国など相手国市場に対して、省エネ制度等の構築支援、人材育成、モデル実証事業などの政策を総動員します。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「日本における緊急の課題は、やはりエネルギー問題です。私は、これを解決するキーワードは「自立・分散型エネルギーの社会」の創出だと考えています。これは、風力や太陽光など、地域で産み出されるクリーンなエネルギーによって、その地域ごとに、地域全体のエネルギー消費を賄うという循環型社会の発想です。日本全国に、このような住環境を創り、それを日本の誇りとして世界にまで広げていくことが私の仕事であり、使命です。」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「省エネ、蓄電、再エネ技術の推進により原発・火力依存度を低減し、分散型エネルギー社会を推進。原子力エネルギーの着実な縮減に向け、立地地域の雇用・経済対策、使用済核燃料の最終処分などへの国の責任の明確化、廃炉作業を担う人材の育成を推進。」と明言

泉 健太のプロフィール

太陽光パネルや環境対応車、エコポイントによるグリーン家電の普及を促進します。→景気回復にも大きく寄与します。低炭素革命で世界をリードするため、温室効果ガスを、2005年比で15%削減します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

天然ガス・コンバインドサイクルや最新型石炭火力など世界が認める日本の高効率火力発電技術を活用し、国内外に積極的な拡大を図る。新エネルギー、原発に関連する研究・技術開発の拠点として原発立地地域の活用を優先するとともに、脱原発政策で世界に貢献する。蓄電池・燃料電池など、新エネルギーの技術開発を進めて新産業を育成する。省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの普及、エネルギーの地産地消を促進し、地域経済の発展と雇用の拡大を実現する。発送電分離を完全に行い、電力供給体制を抜本的に改革する。それにより、公正な競争を促し、地域分散ネットワーク型のエネルギー地域主権を実現する。内需拡大と完全雇用の実現を目指して、継続的な財政出動を行う。特に、新エネルギー関連産業と福祉関連産業、農林水産業での雇用を創出・拡大する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

海洋開発等資源・エネルギーの多様化の推進

上川 陽子のプロフィール

エネルギー安定供給のための総合エネルギー政策を推進、新エネルギー技術の開発と導入の推進(燃料電池・風力発電等)

梶山 弘志のプロフィール

持続可能な環境政策をすすめます。風力発電・太陽光発電・地熱発電など再生可能エネルギーの促進に全力をあげます。生物多様性が守られる社会を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

「エネルギー基本計画」を踏まえ、徹底した省エネ、再生可能エネルギーの最大限の導入、火力発電の高効率化などにより、原発依存度を可能な限り低減させます。また、安定供給を確保し、経済成長とCO2排出抑制を両立させるバランスのとれたエネルギーミックスの実現に向け責任あるエネルギー政策を遂行します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

世界的な成長分野である再生可能エネルギーの普及を進めることは、新たな国内産業の成長を進め、経済の活性化に繋がります。それだけでなく、分散型電源である再生可能エネルギーの普及を進め、地産地消の取組を後押しすることは、地域に雇用を生み出し、地域経済の活性化にも繋がります。電力自由化により、一般電気事業者の電気収入約16兆円が解放され、地域に大きな経済効果をもたらすことも期待されています。(公式サイト、2020年11月16日閲覧)

秋本 真利のプロフィール

環境・エネルギー産業の育成(公式サイト、2020年11月16日閲覧)

浅野 哲のプロフィール

2030年代に原発ゼロ社会を実現するため、太陽光偏重の再生可能エネルギー政策を見直し、北海道のポテンシャルを活かした地熱・風力・小水力発電の導入を進めます。日本が誇る電気・水素自動車の技術活用や蓄電池技術のイノベーションにより、エネルギーの地産地消を進めます。スマートグリッドによるエネルギー効率に優れた先進的な街づくりは、世界が注目する日本の強みです。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

荒井 聰のプロフィール

再生可能エネルギーの普及・拡大を促進し、特に北海道は恵まれた自然エネルギーを活用して、地産地消の分散型エネルギー社会づくりをすすめます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 真紀のプロフィール

今の日本の電気システムでは、夏の暑い日や真冬日など、電力需要が増える時には火力発電の火力を強めて、発電量を増やします。逆に、電力需要が少ない時には、火力発電の火を落とします。つまり、必要な時に必要な分だけ発電することとなっていて、電気を「溜める」ことはできません。  しかし、自然エネルギーの普及を目指すのであれば、晴れて、風のある日に作った電気を溜める「超大型蓄電池」が必要です。揚水発電を含めて、こうした「蓄電池」の技術開発に、力を入れて参りたいと思っています。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

省エネルギーの促進とエネルギーの地産地消の推進、地域分散型エネルギー社会を推進。温室効果ガス削減のための実効ある政策と技術の進展。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

再生可能エネルギーやメタンハイドレート活用等エネルギー政策の推進(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

再生可能エネルギーを積極導入し、国民の暮らしと経済に影響がない形で、 エネルギーのベストミックスを構築してまいります。 また、日本の原子力技術者による世界の廃炉事業をサポートしてまいります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

井上 貴博のプロフィール

メタンハイドレート・自然エネルギー推進(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

原発の再稼働は国の厳格な安全基準を満たすものにとどめ、再生可能エネルギーや代替エネルギーの開発普及をさらに促進して、原発への依存度を最小限にとどめるエネルギー体系を構築します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岩屋 毅のプロフィール

新エネ技術の拡充で将来的な原発廃止を目標に。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

うえの 賢一郎のプロフィール