エネルギーの安定供給

この政策について 未達成

SNSでおすすめする

賛成する政党 (3)

公明党は、(1)太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及(2)省エネルギーの促進(3)化石燃料を有効に利用する火力発電の高効率化の3本柱で持続可能な経済社会の構築と経済成長を両立させながら、原発への依存度を徐々に減らして、将来的に「原発に依存しない社会・原発ゼロ社会」をめざします。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

公明党の詳細

省エネを推進するとともに、再生可能エネルギーの割合を2050年までに100%とすることをめざしてすべての政策資源を投入します。再生可能エネルギーの拡大を、イノベーション、雇用創出や内需拡大、地域振興につなげます。(2019年参院選選挙公約、2020年9月30日閲覧)

社会民主党の詳細

エネルギーの安定供給と低コスト化を両立するための技術革新を進め、エネルギーミックスの確実な実現とエネルギー自給率の向上に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)にも貢献します。

自由民主党の詳細

反対する政党

なし(現在調査をおこなっています)

中立な政党

なし(現在調査をおこなっています)

賛成する議員 (134)

自身の公式サイトで「日本の資源・エネルギーの安定供給に資する海外の探鉱活動を下支えするため、海外減耗控除制度を拡充します。」と明言 自身の公式サイトで「日本の優れたエネルギー・環境産業や技術の国際展開を支援します。官民連携の下、新興国など相手国市場に対して、省エネ制度等の構築支援、人材育成、モデル実証事業などの政策を総動員します。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「日本における緊急の課題は、やはりエネルギー問題です。私は、これを解決するキーワードは「自立・分散型エネルギーの社会」の創出だと考えています。これは、風力や太陽光など、地域で産み出されるクリーンなエネルギーによって、その地域ごとに、地域全体のエネルギー消費を賄うという循環型社会の発想です。日本全国に、このような住環境を創り、それを日本の誇りとして世界にまで広げていくことが私の仕事であり、使命です。」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「省エネ、蓄電、再エネ技術の推進により原発・火力依存度を低減し、分散型エネルギー社会を推進。原子力エネルギーの着実な縮減に向け、立地地域の雇用・経済対策、使用済核燃料の最終処分などへの国の責任の明確化、廃炉作業を担う人材の育成を推進。」と明言

泉 健太のプロフィール

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員

なし(現在調査をおこなっています)

中立な議員

なし(現在調査をおこなっています)