税制改革

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

94人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (94)

国内の研究開発減税と設備投資減税を大幅に拡充し、外国人のための研究環境・生活環境の整備を行い、海外からの投資も促進します。

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「歳入庁創設による税と社会保障の公正な徴収。消費税や金融資産課税など税制全体の見直し。公文書管理の抜本的見直しと情報公開の拡充等による行政監視機能の強化。ひも付き補助金、特別会計の見直し。天下り規制の強化。官製談合の防止、随意契約の制限。」と明言「所得や資産の多い人に対する課税を強化すべきだ」という問いに対して「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

泉 健太のプロフィール

全ての人に平等に機会を与えられる税制や社会保障を構築するとともに、不平等・不公正な社会保障の在り方は見直して参ります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

井野 俊郎のプロフィール

深刻なデフレ不況下での消費税増税は、中小・零細企業の相次ぐ倒産、国民生活の破綻を招くことから、消費税増税法を直ちに廃止し、増税を凍結する。中小企業に対する融資支援制度の拡充、税制上の措置などにより、新規事業への参入、事業の統合・再編などがしやすくなるよう環境を整備する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

酒税の軽減措置の延長を求めます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

消費税は地方税に。交付税は地方共有税に。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

相続税を廃止することは中小企業の経営を守り、地方経済を活性化させることにつながります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

安藤 裕のプロフィール

賃上げを実現できる法人税改革、事業承継税制の抜本的改革(中小企業を継ぐ時の相続税・贈与税を全額猶予、ならびに個人事業者の土地や建物等にかかる相続税・贈与税を全額猶予)を進める(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 佳隆のプロフィール

公正な税制改革によって可処分所得を増加。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し。配偶者(妻)の給与収入金額の上限を現行の103万円から150万円に引上げ。150万円以上は控除額が段階的に減り、約201万円でゼロになる。納税者本人(夫)の給与収入制限もあり、1,120万円から控除額が減り1,220万円でゼロになる。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大塚 高司のプロフィール

待機児童ゼロなど子育て支援等のため税と社会保障の一体改革(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

奥野 総一郎のプロフィール

地元で働くフリーランスや、個人事業主に優しい税制も整備する必要がある。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

落合 貴之のプロフィール

都市農業を安定的に継続できる税制実現(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

越智 隆雄のプロフィール

国際競争力維持のためには法人税率を少なくとも国際標準にする必要があります。他方、一部企業のみを潤す税制は公平の観点からみて望ましくありません。法人税率は、諸外国との競争を考慮して、最終的には25パーセント程度とするべきです。ただ、先端技術開発等に対しては優遇税制を設ける必要があると考えます。『国民は等しく税を負担すべきである』という観点、『受益者負担』の観点、『景気に左右されにくい』という観点、『国際標準への統一』という観点から、税の直間比率は見直されるべきであると考えます。税等の徴収に不公平があっては、国民の理解は得られず、将来的に安定的な歳入確保が困難になります。従って、税等の徴収は、公平に実施されなければなりません。例えば、贈与税の未払いにおいて、ある人は逮捕・勾留され正式裁判を受ける一方で、ある人は逮捕すらされずに済まされるということがあってはいけません。また、政治家など特定の者を特別有利に扱うこともあってはならないことです。さらに、社会保険料についても、制度の維持のためには、「未納者に対しては、単に給付の制限だけでよいのか?」といった点も再検討するべきでしょう。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

支払うお金と、受けられるサービス。今、そのお金の出入りのバランスが崩壊しています。税制を整える、そしてバランスよく福祉が受けられる体制を次世代に残すことが、皆さんの使命であり、私の使命です。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

神田 憲次のプロフィール

無駄を省き、納得できる公平感のある税制(公式サイト、2020年11月12日閲覧)

岸 信夫のプロフィール

『雇用を増やした』、『従業員への分配を増やした』企業に対する雇用減税を実施することで、働き手のフトコロを豊かにすること。交際費課税の緩和、サラリーマンの必要経費の範囲の拡大などお金が回る仕組み作り。高齢世代保有の資産を孫の世代にまで円滑に転換するための贈与税の軽減。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール

税制面では投資減税策をとることにより企業の設備投資を促進し、クールジャパン戦略の推進、法人税の減税と合わせ、企業の国際競争力を強化します。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

熊田 裕通のプロフィール

簡素な税制と、誰でも何度でもチャレンジできるセイフティネットを実現し、頑張った人が正当に報われる社会を実現する。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

源馬 謙太郎のプロフィール

ガソリン、軽油の暫定税率を廃止し、増税分を国民に還元する。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小宮山 泰子のプロフィール