高齢化対策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

97人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (97)

介護が必要になっても住み慣れた地域で暮らし続けることを応援します。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

西田 昭二のプロフィール

自動運転技術の進展により、運転免許証を返納したとしても、不便のない暮らしを実現します。年金・医療・介護体制を更に拡充をすることで、最期まで安心して自宅で生活が出来る地域の構築に繋げます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤原 崇のプロフィール

生活支援や認知症対応の充実など地域で高齢者を支える地域包括ケアの推進(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

船橋 利実のプロフィール

高齢者の増加もまた、この国の大きな悩み。しかし、これも、私からみればチャンス!手間をかける余裕のある、経験豊かな“ハイセンスピープル”が増えているのですから。手間をかけるということ。それは子どもたちの学費や家のローン支払いに追われる世代には、なかなか難しいことです。これができる世代に、もっと社会の前線で活躍してもらいましょう。私は『定年制を廃止』し、『高齢者こそ余裕があって経験豊かなハイセンスピープル』として、生涯現役で社会に貢献できる環境を作ります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

古川 元久のプロフィール

75歳以上のシニアドライバーは、免許の更新時の認知症テストで返納者が増えると予想します。家の前に地下鉄の駅やバス停がある人は少なく、日本の地方都市の多くが自動車が貴重な移動手段です。免許を返納したシニアが、タクシーで往復数千円を使いスーパーに出かけ数百円のお惣菜を買って帰る姿を想像すると、こんなご不便はありません。シニアの移動の自由のために、ご町内の方の車を「シルバー送迎ボランティア車両」として登録し活用します。どこのお宅が今日はボランティア対応できるかを携帯端末で表示される様になれば電話一本で“ちょっとスーパーまでお願いね”と声がけできます。今後ともシニアの独居世帯が増加しますので、行政はタクシー代補助や、福祉バスの増便等が求められますが、住民税を増税しない限り財源がありません。シルバー送迎ボランティア車両制度ならば、協力車両にかかる税金の減免等でお互い様の関係を創りますので、コストも限定的です。シニアの皆様の移動の自由を提供する新しい社会に変えます。いわゆる「現役」とされる労働力人口の定義は15歳から64歳です。2016年時点で約7600万人ですが、65歳で現役卒業する方が増える一方、14歳以下の人口は減り続けており新たな労働力は増えません。このため、2060年には4400万人へと半減することが見込まれます。労働力は、同時に消費力であり、担税力でもあります。つまり、労働力人口の減少とは国富の損失であり、労働力人口の概念を70歳まで引上げる事を提案します。日本の社会保障は平均寿命が65歳、8人の現役で1人のシニアを支えた昭和30年代に制度設計されています。人生100歳の時代、社会の変化に制度はもちろん、これまで当たり前と思っていた価値観を変える事により、新しい社会を創造することができま す。間もなく2人の現役で1人のシニアを支える様になると心配しますが、70歳まで現役であれば将来世代の負担もずい分助かります。65歳からもあと少しだけ働ける人、働きたい人は現役を続ける事を選択できる様にします。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

古本 伸一郎のプロフィール

人生100年時代に向けて、高齢者の健康寿命を延ばし、社会での活躍の場を大いに広げていくとともに、子どもを産み、育てることが歓迎される社会制度の構築が必要です。同じ日本でも多様な地域的課題がある中で、地域が主体となった地域包括ケアシステムの充実に、国政の立場から支援していきます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

穂坂 泰のプロフィール

認知症基本法等を制定し、認知症の方が尊厳を保持しつつ、安心して暮らせる社会の実現を目指します。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

星野 剛士のプロフィール

ハンディの有無にとらわれず、また人生100年時代へ向けライフステージに柔軟に対応。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

牧島 かれんのプロフィール

高齢者や老人という定義を法律上勝手にするべきではなく、むしろ何歳になっても働きたい人は働く社会を日本は目指すべきだと考えています。その分、何歳であっても働けない、動けない人への介護支援サービスを厚くすべきです。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

牧原 秀樹のプロフィール

地域の高齢者が満足できる介護サービスを受け、安心して暮らせるよう、特養・老健等の施設の活用や訪問介護や訪問看護、訪問診療の整備等により安心して暮らせる介護サービス体系を構築することが重要と考えます。今後の高齢化の進行に対して、質及び量の両面から介護サービスを充実させていくことは必要であり、介護人材の確保は重要な課題と認識しています。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

武藤 容治のプロフィール

間もなく我が国は、世界が経験したことのない超高齢社会を迎える。そのような時に当たり、税制を含む社会保障制度の整備は焦眉の急の課題である。更に、制度ばかりでなく、地域社会における医療・介護のネットワークづくりなどそうした時代に適応できる社会システムの構築も必要となる。このように制度、社会システムの両面からの対策の推進に全力で取組む。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

森 英介のプロフィール

高齢化した地主へもきめ細かな対応を。賃貸継続や売却希望の地主に対する「跡地利用促進基金」の 創設を提唱します。管理団体が民間企業に貸し出し運営する ことで土地活用を持続可能にします。『銃剣とブルドーザー』 で土地を奪われた地主への当然の補償です。」 「沖縄も超高齢社会に突入。県が策定の「第7次沖縄県医療計画」を基本に在宅医療、看護の制度を整え、高齢者が地域で生活できる環境づくりを進めます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

屋良 朝博のプロフィール

単身高齢者などの低年金者に対する支援(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

早稲田 夕季のプロフィール

高齢者の社会での活躍の場をさらに拡大し、健康寿命と平均寿命のギャップを縮小し、生きがいと充実感の向上を目指す。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

和田 義明のプロフィール

少子高齢化が進む我が国の諸課題に向き合い、「自助・共助・公助」の各段階に応じて必要とされる支援の拡充を図ります。また、医療福祉などの負担を軽減し、子育て世代や高齢者が安心して生活できる環境づくりに全力で取り組みます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

青木 一彦のプロフィール

高齢者をはじめ、難病患者や障がい者など、誰もが生きがいを持って暮らせるよう、住まいの確保や就労支援などを強化する必要があります。国民年金(月6万6000円程度)だけで暮らす所得の低い高齢者は、生活保護受給者より経済的に困窮(こんきゅう)しています。こうした高齢者の暮らしを守るため、これまで家賃減免制度を国に認めさせるなど確かな基盤作りに励んできました。今後、医療費や介護費用も支援できる制度の創設をめざします。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

秋野 公造のプロフィール

意欲や能力があれば年齢フリーで働ける高齢者雇用制度を充実させる。一人暮らしの高齢者等の社会的孤立を防ぐため地域セーフティーネットを構築し、交通弱者のための乗合タクシー・バス等の交通システムを整備・支援する。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

あだち きよしのプロフィール

高齢化社会対策では、高齢者用の短期間正社員制度や所得控除制度の創設、助け合い事業、医療・介護産業の展開を図ります。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石井 浩郎のプロフィール

定年後もご高齢の方がイキイキと活躍することのできる場,引きこもりがちになりやすい独居高齢者のためのプラットフォームを検討します。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石川 大我のプロフィール

医療体制の充実で、誰もが健康を維持し活躍できる「生涯現役社会」を。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

伊藤 孝江のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま