高齢化対策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

97人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (97)

リタイア後のシニアの力・ノウハウを社会に役立ててもらう仕組み作り(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

永江 孝子のプロフィール

障害者、高齢者の活躍(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

新妻 秀規のプロフィール

高齢者や障がい者の移動手段となる補助付き車両(サポカー)購入等への補助が実現したが、その補助のさらなる拡充とその他の交通補助の強化(公式サイト、2020年10月23日閲覧)

はが 道也のプロフィール

介護保険制度をはじめとする高齢者福祉政策の充実(公式サイト、2020年10月27日閲覧)

橋本 聖子のプロフィール

子育て世代や働く世代の、仕事と介護の両立のための生活援助サービスと介護保険給付の確保(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

羽田 雄一郎のプロフィール

就業環境や法整備を通じて、若者、女性、シニアや障がい者をはじめ、全ての人が活躍できる社会をめざします。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

平木 大作のプロフィール

全員参加の社会。女性や高齢者、障害者の方々にも活躍いただく環境を整えます。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

福岡 資麿のプロフィール

高齢化が急速に進んでいます。その高齢社会を“健康長寿社会”とするためには、国民の健康意識の更なる向上を図り、また一般用医薬品の振興等の国民のセルフメディケーション、様々な健康保持活動に対する支援が必要です。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

藤井 基之のプロフィール

高齢化社会に向けて必要なマンパワーと施設・設備を確保し、人工知能や情報技術を利活用することにより、地域医療・介護の充実を図ります。ワクチン開発や検診システムの充実など予防医療を強化し、高齢者雇用を推進することにより、いつまでも元気で活躍できる社会を実現します。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

古川 俊治のプロフィール

介護しやすい、うけやすい世の中に。子育てをしながら、働きながら、介護に向き合う人々の視点に立ち、介護現場で働く環境を改善します。いくつになっても、自分の口で食べ、歩き、親しい人に囲まれて日々を送れるような人生を。要支援でも要介護でも活躍する場のある社会を作ります。(公式サイト、2020年12月9日閲覧)

丸川 珠代のプロフィール

日本は、これから本格的な人口減少・超高齢社会へ突入していきます。高齢者の一人暮らしは、まわりの人の助けがあってこそ成り立ちます。人と地域との結びつきや絆など、交通運輸の重要性は高まっています。地域をつなぎ、人を結ぶための交通運輸はなくてはならない存在であり、鉄道・バス・タクシーやトラックなどが活発に往来する街は元気がある地域の証です。みなさんから大切と思ってもらえるよう、利用しやすく安全・安心な交通運輸をめざしていきます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

もりや たかしのプロフィール

いわゆる団塊の世代が75歳以上を迎える2025年を目途に、「地域包括ケアシステム」を構築する必要があります。「地域包括ケアシステム」は地域の特性に応じ形を変えるのが特徴であり、その構築に欠かせないのが地方と国政の連携です。公明党の国政・地方の3000名のネットワークにより、地域年金で生活されている方々が安心して暮らせる住居政策や医療・介護の連携、充実ととともに、高齢者の皆様の社会参加がより一層すすむための政策を推進します。認知症に悩む方々を減らすための、認知症疾患医療センターの整備をすすめるとともに、認知症初期集中支援チームを自治体に設置することを後押しする、また、認知症に関する正しい知識と理解をもった認知症サポーターの要請をすすめる、などあらゆる対策を行い、すべての高齢者が周囲の支えのもと、安心して暮らせる体制をつくります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

矢倉 克夫のプロフィール

安江は、DV(家庭内暴力)や離婚問題で悩むシングルマザーの生活再建支援、高齢者・障がい者の介護をめぐる諸問題、奨学金の返済に苦しむ青年などの法律相談に携わり、課題解決へ一人の声に寄り添う姿勢を貫いてきました。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

安江 伸夫のプロフィール

実感の伴わない景気回復は、真の景気回復とは言えません。子育て、介護の充実、高齢者雇用の促進、同一労働同一賃金の実現など、全ての人や企業の活力を高める成長戦略を着実に実行し、「地方から元気になる日本」を実現します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山崎 正昭のプロフィール

家庭や地域社会の機能を引き出し、老若男女が生きがいをもって働き続けられる社会整備を進めます。(公式サイト、2020年12月9日閲覧)

山谷 えり子のプロフィール

高齢者や障害者にやさしい街づくり(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山田 修路のプロフィール

介護制度の在り方。日本の介護制度の問題点は、要支援状態から要介護状態へ進行を防ぎ、逆に好転させるという自立支援の考え方が弱く、結果、高齢者の多くを寝たきりにさせてしまことです。本来の自立支援とは、要支援状態から要介護状態へ進行、そして悪化して介護から抜けられない状況を作らないよう、自立を見据えたリハビリの仕組みを提供することです。そのためには、特別養護老人ホームの機能の見直しも必要です。(公式サイト、2020年12月9日閲覧)

山田 太郎のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま