高齢化対策

この政策について 未達成

公明党の議員の賛否

15人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (15)

介護を担うご家族が孤立しないよう、介護する側の負担を減らす支援を充実させます。早期発見すれば悪化を防ぐことのできる「認知症」について、地域の医師や看護師、介護専門職などが連携して対応できるよう、体制整備を進めます。徘徊しても、地域で見つけ、対応できるような制度づくりを目指します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

地域包括ケアの確実な推進で、高齢者を地域で支え合う安心・安全な社会を構築。住み慣れた地域で老後を安心して暮らせるために、医療、介護、住まい、生活支援サービス等を高齢者が地域の中で一体的に受けられる「地域包括ケアシステム」の構築を加速します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

稲津 久のプロフィール

高額療養費の負担を引き下げます。独居高齢者見守りシステムをつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浮島 智子のプロフィール

次期の介護保険制度改正で保険料上昇を抑制し、公費負担割合の引き上げなど制度設計の抜本的な見直しを行います。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐藤 茂樹のプロフィール

地域支援体制の構築、家族支援の充実など国を挙げて認知症施策を推進します。高齢者や障がい者が安心して暮らせるよう、バリアフリー化を更に進めます。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

遠山 清彦のプロフィール

高齢者をはじめ、難病患者や障がい者など、誰もが生きがいを持って暮らせるよう、住まいの確保や就労支援などを強化する必要があります。国民年金(月6万6000円程度)だけで暮らす所得の低い高齢者は、生活保護受給者より経済的に困窮(こんきゅう)しています。こうした高齢者の暮らしを守るため、これまで家賃減免制度を国に認めさせるなど確かな基盤作りに励んできました。今後、医療費や介護費用も支援できる制度の創設をめざします。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

秋野 公造のプロフィール

医療体制の充実で、誰もが健康を維持し活躍できる「生涯現役社会」を。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

伊藤 孝江のプロフィール

がんや認知症対策の強化、介護ロボットの導入などを促進し、いつまでも健康で暮らせる社会を築きます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

佐々木 さやかのプロフィール

高齢者などが安心して移動できる生活の足の確保を国家プロジェクトに(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

塩田 ひろあきのプロフィール

認知症対策の前進。2019年6月、政府は認知症施策推進大綱を閣議決定。急速な高齢化の進展に伴い増加する認知症の人を社会全体で支えていくため、「認知症施策推進基本法」の早期成立をめざします。また、医師ら専門家が早期に対応する「認知症初期集中支援チーム」による適切な医療・介護サービスの展開や、日常的な見守りなどのボランティア活動に携わる「認知症サポーター」のさらなる養成にも取り組みます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

杉 久武のプロフィール

学校を地域で支える体制の充実、女性や若者、高齢者、障害者が希望に応じて働ける環境づくりに挑みます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

竹谷 とし子のプロフィール

障害者、高齢者の活躍(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

新妻 秀規のプロフィール

就業環境や法整備を通じて、若者、女性、シニアや障がい者をはじめ、全ての人が活躍できる社会をめざします。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

平木 大作のプロフィール

いわゆる団塊の世代が75歳以上を迎える2025年を目途に、「地域包括ケアシステム」を構築する必要があります。「地域包括ケアシステム」は地域の特性に応じ形を変えるのが特徴であり、その構築に欠かせないのが地方と国政の連携です。公明党の国政・地方の3000名のネットワークにより、地域年金で生活されている方々が安心して暮らせる住居政策や医療・介護の連携、充実ととともに、高齢者の皆様の社会参加がより一層すすむための政策を推進します。認知症に悩む方々を減らすための、認知症疾患医療センターの整備をすすめるとともに、認知症初期集中支援チームを自治体に設置することを後押しする、また、認知症に関する正しい知識と理解をもった認知症サポーターの要請をすすめる、などあらゆる対策を行い、すべての高齢者が周囲の支えのもと、安心して暮らせる体制をつくります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

矢倉 克夫のプロフィール

安江は、DV(家庭内暴力)や離婚問題で悩むシングルマザーの生活再建支援、高齢者・障がい者の介護をめぐる諸問題、奨学金の返済に苦しむ青年などの法律相談に携わり、課題解決へ一人の声に寄り添う姿勢を貫いてきました。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

安江 伸夫のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま