拉致問題の解決

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

32人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (32)

「戦後外交の総決算」を目指し、特に拉致問題の解決に向けた取組に引き続き全力を傾けます。

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「平和的解決に向け、外交力によって北朝鮮の核・ミサイル放棄を訴え、最後の一人まで拉致問題の解決に取り組む」と明言

枝野 幸男のプロフィール

自身の公式サイトで「政府が主体的に拉致問題に取り組む体制をつくるため、東京と平壌に連絡所を開設して拉致問題の解決を目指します。」と明言

石破 茂のプロフィール

自身の公式サイトで「拉致問題、領土問題の解決に取り組むとともに、国民の命と主権を守る。」と明言

泉 健太のプロフィール

国際社会と結束して、断固たる姿勢を示します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

拉致問題の完全解決に全力

茂木 敏充のプロフィール

自身の公式サイトで「北朝鮮による拉致問題等の解決に全力を挙げます」と明言

岸田 文雄のプロフィール

あらゆる手段に全力を尽くして拉致被害者全員の即時帰国を実現します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

国際社会と連携して、北朝鮮の核ミサイル開発の中止,拉致問題の解決を強く要求。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

うえの 賢一郎のプロフィール

北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題、中国の覇権主義、国際テロ対策…法と秩序を無視する日本の周辺諸国による、かつてない平和の危機に、憲法議論や法整備を進め、自由と法の正義を共有する国際社会のスクラムで、国民をしっかりと守ります!そして、日本が将来も平和であり続けるための努力をお誓いします。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大隈 和英のプロフィール

拉致被害者全員の早期帰国(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

勝俣 孝明のプロフィール

北朝鮮による拉致は許されざる国家犯罪です。拉致被害者全員の早期救出と、被害者家族へのさらなる支援が必要です。世界の平和を考えるとき、東アジアの情勢は大きなカギを握ります。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城内 実のプロフィール

北朝鮮問題は排他的経済水域へのミサイル問題はじめ、日本人の人的誘拐、拉致問題は絶対に許すことができません。あらゆる手段を尽くして拉致被害者全員の早期帰国を目指してまいります。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 哲也のプロフィール

北朝鮮による拉致問題については、関係国との連携強化を図りながら、対話と圧力による問題解決への粘り強い努力を続けてまいります。(公式サイト、2020年11月27日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

拉致被害者全員の早期帰国(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

原田 義昭のプロフィール

北朝鮮の核実験・弾道ミサイル発射は極めて深刻な脅威であり、断じて容認できません。北朝鮮を対話のテーブルにつかせるため、国際社会と連携し、平和的解決に向け、外交力によって北朝鮮の核・ミサイル放棄を訴え、最後の一人まで拉致問題の解決に取り組みます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

日吉 雄太のプロフィール

拉致問題の完全早期解決(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤井 比早之のプロフィール

再三の警告を無視し、挑発を繰り返す北朝鮮に対しては、徹底した圧力強化により『このままでは北の将来はない』と解らせること。この姿勢を取り続けてこそ、拉致問題の解決につながる。拉致問題は、度重なる訪米による働きかけにより、米国下院での『米国人拉致被害者』の決議がなされた。このことが、トランプ大統領の国連演説での日本人拉致被害者横田めぐみさんの言及につながる。拉致問題についても、日米連携を徹底することが、北への圧力に繋がる。(公式サイト、2020年11月14日閲覧)

古屋 圭司のプロフィール

米国をはじめ国際社会と緊密に連携し、北朝鮮の核・ミサイルの完全な放棄を迫るとともに、最も重要な拉致被害者全員の帰国を目指します。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

星野 剛士のプロフィール

拉致問題は、北朝鮮に否があることは明らかですが、これまでのような圧力一辺倒では膠着が続くだけです。ご家族が高齢化する中、硬軟織り交ぜた対話と交渉で早期の解決を図ります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

本多 平直のプロフィール