年金政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

114人
0人
4人
賛成 96.61%
反対 0.0%
中立 3.39%

賛成する議員 (114)

自身の公式サイトで「最低保障年金(ベーシックインカム年金)の検討(支給開始から10年間は基礎年金65000円。その後、全ての高齢者に月額8万円程度を支給)。」と明言

泉 健太のプロフィール

年金に対する国庫補助を1/3から1/2に引き上げるなど、さらに安心できる年金制度の構築に取り組んでいきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

税を財源とする最低保障年金と、社会保険方式による所得比例年金の構築により、年金制度の一元化を図る。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

皆年金制度の堅持(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

上川 陽子のプロフィール

一部税財源による月額約7万円の最低保障年金の創設(低所得者に限定)⇒「高齢者向けベーシック・インカム制度」(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 財源は「世代間」に加え、「世代内」の支え合いを強化。特に、裕福な年金受給者への税による年金加算を縮小し、生活保護費のうち不要になる財源も活用。また、金融資産課税を強化し、「所得1億円を超えたら税が軽くなる」不公平を見直し(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 総合合算制度の導入(医療・介護の自己負担に上限)(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

安心できる年金をつくります。年金積立金を高リスクな株につぎ込むことをやめ、安心して暮らすことのできる年金制度をつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

賦課方式を積立方式に変えること。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 雅幸のプロフィール

年金削減にストップをかけ、無年金・低年金問題の根本的解決をめざします。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

給付と負担のバランスを一層改め、特に生活保護費などの運用には年金とのバランスを計ってまいります。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋元 司のプロフィール

年金は社会保険として給付と負担を均衡させる。高齢者の低年金無年金問題にはマイナンバーで収入と資産を捕捉した上で最低限の給付。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

年金・医療・介護を含む社会保障制度については国民負担の増大を抑制しつつ、ニーズに対応した社会保障制度の確立を目指します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

持続可能で暮らしを下支えする、国民に信頼される年金制度の確立。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

年金制度改革(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

年金制度は実質的破綻。総合合算制度やベーシックインカムなど検討。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊藤 俊輔のプロフィール

一元化とクローバックで年金・医療保険の安定化(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

信頼できる年金と安心医療づくり(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今村 雅弘のプロフィール

年金制度については現行の賦課方式から積立方式へ移行させていきます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浦野 靖人のプロフィール

5000万口にものぼる未確認の年金記録問題について、皆様に大変なご心配をお掛けしておりますことを真摯にお詫び申し上げます。国民生活に直結するだに、二度とこのような不祥事が起きないよう、さらに強力な政治監督のもとで、皆様の年金を管理・運用する組織を叩き直します。すでに社会保険庁の解体は決定済みですが、2010年に発足する日本年金機構についても、第三者機関による恒常的な監査を実施します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

実現します。共に生きる皆の安心のための医療・年金・福祉。税方式により基礎年金制度の拡充を図ります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

衛藤 征士郎のプロフィール

公平で、努力が報われ、不正を許さない福祉・年金・社会保障制度をつくる(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大岡 敏孝のプロフィール