年金政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

114人
0人
4人
賛成 96.61%
反対 0.0%
中立 3.39%

賛成する議員 (114)

持続可能な年金・医療保険制度へと改革を推進します。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大串 正樹のプロフィール

皆さんから預かった年金資金は価格変動の大きな金融商品に投資してはなりません。リスクのない運用に改めます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大島 敦のプロフィール

年金の最低保証機能の強化。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大西 健介のプロフィール

医療保険と年金口座を個人単位のものとし(主に消費税を財源)転職や結婚(離婚)、失業等に強い社会づくり(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小川 淳也のプロフィール

年金、医療、介護、子育てに消費税の全額を投入(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小里 泰弘のプロフィール

持続可能な年金制度を作ります。(公式サイト、2020年11月13日閲覧)

海江田 万里のプロフィール

医療、介護、年金制度を見直し、明示化することにより、国民の将来への不安を解消(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

勝俣 孝明のプロフィール

高齢化社会の日本において恒久的な年金・医療・福祉制度の確立が望まれます。お互いに支えあう社会を実現します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

加藤 寛治のプロフィール

「保険事故(高齢化、疾病)は、国民誰にでも起こる」という認識に立ち、「国民一人ひとりが保険事故に立ち向かう」という気概を大切にし、公平かつ安定した持続可能な国民皆保険・皆年金制度を確立することが必要です。年金保険については、給付と負担のバランスをとることが必要です。具体的には、「世代間の公平」という観点からも、一定程度の給付抑制を段階的に実施する必要があると思います。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

低所得者の基礎年金加算制度を創設するとともに、受給資格期間を10年に短縮します。(公式サイト、2020年11月13日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

年金は、過去の保険料の拠出実績が給付額に反映される仕組みになっていますが、問題は、国民一人一人が、この拠出実績を何らかの理由で積み重ねられない結果、低年金あるいは無年金となってしまうリスクにどう対応するかです。低所得の低年金者・無年金者に一定の給付を上積みするという(現在取組が始まっている)給付段階での対応も大切ですが、保険料拠出段階で、低所得者に対して一定の公的負担をすることも今後考えていく必要があります。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール

生涯安心の医療保険、年金制度を構築し、次世代に継承!(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

国光 文乃のプロフィール

年金は国と年金加入者との永年にわたる約束事です。安心できる年金制度の確立に取り組みます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小寺 裕雄のプロフィール

「年金通帳」を全加入者に交付して、記録が消えないシステムに改める。全ての年金制度を一元化し、年金の基礎(最低保障)部分は全額税で賄う。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小宮山 泰子のプロフィール

国民年金だけなど低所得の年金生活者に対しては最低でも月5000円を追加給付し、『暮らせる年金』の実現を目指します。また、短時間労働でも厚生年金に加入できる範囲を拡大すべきです。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

国民年金、厚生年金、各種共済年金(公務員年金)の一元化(公式サイト、2020年11月13日閲覧)

坂本 哲志のプロフィール

年金積立金の運用は被保険者の利益と確実性を考慮し、株式運用倍増をやめ、堅実な運用をめざします。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

桜井 周のプロフィール

将来に安心できる『年金・医療・介護』制度の確立や、『障がい者総合支援』のより一層の充実。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐々木 隆博のプロフィール

持続可能で安心できる医療・介護の充実と年金の確保(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

左藤 章のプロフィール

若者も高齢者も安心できる年金。「社会保障と税の一体改革」により、平成29年8月から年金保険料納付等による受給資格期間が25年から10年へ短縮され、年金が受給しやすくなったのに加えて、低年金対策として、消費税10%への引き上げによる財源手当てとともに、老齢年金生活者支援給付金等の制度を着実に実施します。また、働き方等人生設計に合わせて年金の受給時期や受給額をより弾力的に選択できるよう制度見直しも検討します。(公式サイト、2020年11月13日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま