年金政策

この政策について 未達成

国民民主党の議員の賛否

16人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (16)

自身の公式サイトで「最低保障年金(ベーシックインカム年金)の検討(支給開始から10年間は基礎年金65000円。その後、全ての高齢者に月額8万円程度を支給)。」と明言

泉 健太のプロフィール

税を財源とする最低保障年金と、社会保険方式による所得比例年金の構築により、年金制度の一元化を図る。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

一部税財源による月額約7万円の最低保障年金の創設(低所得者に限定)⇒「高齢者向けベーシック・インカム制度」(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 財源は「世代間」に加え、「世代内」の支え合いを強化。特に、裕福な年金受給者への税による年金加算を縮小し、生活保護費のうち不要になる財源も活用。また、金融資産課税を強化し、「所得1億円を超えたら税が軽くなる」不公平を見直し(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 総合合算制度の導入(医療・介護の自己負担に上限)(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

皆さんから預かった年金資金は価格変動の大きな金融商品に投資してはなりません。リスクのない運用に改めます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大島 敦のプロフィール

年金の最低保証機能の強化。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大西 健介のプロフィール

「年金通帳」を全加入者に交付して、記録が消えないシステムに改める。全ての年金制度を一元化し、年金の基礎(最低保障)部分は全額税で賄う。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小宮山 泰子のプロフィール

国民年金だけなど低所得の年金生活者に対しては最低でも月5000円を追加給付し、『暮らせる年金』の実現を目指します。また、短時間労働でも厚生年金に加入できる範囲を拡大すべきです。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

急激な少子高齢化のもと、年金・医療・介護制度を持続させていくためには、従来からの小手先の 改革ではなく、抜本的な改革が必要です。 誰もが安心し信頼できる制度であるためには、早急に制度全体の将来像を明確に示す必要があります。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

西岡 秀子のプロフィール

年金を一元化し、誰もが将来に備えられる、わかりやすい制度に改めます。最低保障年金の在り方を含め、生活をしっかりと支える最低限所得保障制度の導入を進めます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

日吉 雄太のプロフィール

年金・医療・介護制度の充実とその担い手の処遇改善(公式サイト、2020年10月16日閲覧)

山岡 達丸のプロフィール

多くの世代が、現在の年金制度に不安をもち心配しています。負担と受給の関係の見直しと見える化により、納得感の高い年金制度の構築に取り組みます。また、安心して地元に住み続けられる地域医療提供体制の構築や仕事と介護の両立ができる介護サービスの充実など、私たちの身近な問題を解決するために積極的に取り組みます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

礒崎 哲史のプロフィール

公平でわかりやすく安心できる年金制度への抜本改善に取り組みます。(公式サイト、2020年10月21日閲覧)

川合 孝典のプロフィール

基礎年金の保険方式から税方式への転換による「国民皆年金」制度の再構築。厚生年金加入者が失業した場合でも次の就労までの間、厚生年金に継続加入できる制度の創設。パート、派遣労働者、未適用事業者の労働者などへの厚生年金の適用拡大。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

小林 正夫のプロフィール

働く人の可処分所得を増やす為の政策の実施、介護・年金・医療・子育て等将来不安の解消、安心して働く環境の整備等により、雇用創出、安定した経済活動の基盤を作り、生活の安定を伴う、真の経済成長実現を目指します。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

田名部 匡代のプロフィール

性別や年齢、雇用形態によらず公正で明確で将来にわたって安心できる公的年金制度の構築。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

田村 まみのプロフィール

最低保障年金の確立と無年金者ゼロを目指します。(公式サイト、2020年10月28日閲覧)

羽田 雄一郎のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま