中国との良好な関係

未達成

この政策について

賛成する政党

  • 公明党

    核実験や弾道ミサイル発射といった北朝鮮の挑発行為は、国際社会への重大かつ差し迫った新たな段階の脅威です。米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする国際社会との連携と連帯を深め、制裁決議の実効性を高めるとともに、「対話と圧力」「行動対行動」の原則の下、核・ミサイル・拉致といった諸懸案の包括的解決に向けた取り組みを進めます。(2017年マニフェスト、2020年9月28日閲覧)

  • 日本維新の会

    アジア地域の安定のため、日本と中国が戦略的互恵関係の原則に立脚し、緊密に対話を重ねていくことが重要。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

  • 社会民主党

    アジア、太平洋の多国間安全保障対話を促進させます。米国、韓国、北朝鮮、中国、ロシアと日本による6ヵ国協議の枠組みを発展させ、地域の集団安全保障の枠組みを強化し、北東アジア非核地帯と北東アジア地域の総合安全保障機構の創設をめざします。

賛成する政党に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政党

なし(現在調査をおこなっています)

中立な政党

  • 日本共産党

    中国側にどんな言い分があろうと、他国が実効支配している地域に対して、力によって現状変更をせまることは、国連憲章および友好関係原則宣言などが定めた紛争の平和的解決の諸原則に反するものであって、国際社会で決して許されるものではない。中国軍艦船の尖閣諸島接続水域侵入について抗議する(公式サイト。2020年9月28日閲覧)

賛成する議員

  • 菅 義偉 ( 自民 )

    中国をはじめとする近隣国との安定的な関係を構築します。

  • 石原 伸晃 ( 自民 )

    自身の公式サイトで「多くの日本人も、膨張を続ける中国を脅威に感じていることは事実でしょう。しかし、日本の隣にある大国とは、我が国の原則は主張しつつも、政治的には冷静な議論を交わし、戦略的互恵関係を一層深化させて、政治、経済をともに安定軌道に乗せなければなりません。」と明言

  • 石破 茂 ( 自民 )

    自身の公式サイトで「アジアと歴史に誠実に向き合う外交を展開し、中国、韓国、北朝鮮など近隣諸国をはじめとするアジア諸国との信頼関係の構築に努めます。アジア版 NATO の創設を目指します」と明言

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員

なし(現在調査をおこなっています)

中立な議員

なし(現在調査をおこなっています)