中国との良好な関係

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

35人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (35)

中国をはじめとする近隣国との安定的な関係を構築します。

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「多くの日本人も、膨張を続ける中国を脅威に感じていることは事実でしょう。しかし、日本の隣にある大国とは、我が国の原則は主張しつつも、政治的には冷静な議論を交わし、戦略的互恵関係を一層深化させて、政治、経済をともに安定軌道に乗せなければなりません。」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「アジアと歴史に誠実に向き合う外交を展開し、中国、韓国、北朝鮮など近隣諸国をはじめとするアジア諸国との信頼関係の構築に努めます。アジア版 NATO の創設を目指します」と明言

石破 茂のプロフィール

自身の公式サイトで「健全な日米同盟を基軸に、「近くは現実的に、遠くは抑制的に、人道支援は積極的に」の原則を維持。」と明言

泉 健太のプロフィール

中国、韓国をはじめ、アジア諸国との信頼関係の構築に全力を挙げ、連携を強化する。同時に、アジアの平和を維持するため、日本が調整役を果たす。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

韓国、中国、ロシア始め近隣諸国との関係改善を加速するとともに、歴史認識などを巡るいわれなき非難には断固反論するなど、我が国の名誉と国益を守るため、戦略的対外発信を強化します。北方領土・竹島・尖閣諸島の領土・主権に係る第三者機関を設置し、歴史的・学術的な調査・研究の充実に努め、常設展示なども活用しつつ、客観的事実を世界に広く示します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

日中、日韓関係については、『対話』、そして『外交』をその基軸として、我が国として言うべきことはしっかりと主張する一方、大局観にたった対応が必要だと思っています。日中関係については、世界の第2位と第3位の経済大国である両国の間で、衝突がおこるようなことになれば、世界経済が破たんする危機に直面するでしょう。そういった観点から、日中関係を単なる二国間関係ととらえず、世界においても重要な関係であるとの認識を共有することが重要だと思います。さらには、どんなに日中関係がこじれようとも、お互いに引っ越しできない隣人同士です。隣人同士、どんなに気に入らないことがあったとしても、無視し続けること、関係を断ち切ることはできません。つまり、隣人である以上は、唯一の選択肢は、「友好」と「互恵」なんです。この観点に立って、日中関係の発展に力を尽くしていきたいと思います。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

中国や韓国などの反日感情への配慮と、戦争で亡くなった日本人を慰霊する気持ちは決して対立的に議論されるべきものではないと思います。私の世代は、親も戦争を体験していない世代です。私たちの世代は、平和に恵まれたからこそ、平和の尊さを常に考えなければなりません。戦後100年に向けて国際社会との対話を深め、戦争の犠牲者を国境に関係なく慰霊し、二度と戦争を起こさない国際関係を築いていきたいと思います。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

井出 庸生のプロフィール

中国の海洋進出に対しては、関係諸国と連携し、『航行の自由』を確保してまいります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岩屋 毅のプロフィール

北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題、中国の覇権主義、国際テロ対策…法と秩序を無視する日本の周辺諸国による、かつてない平和の危機に、憲法議論や法整備を進め、自由と法の正義を共有する国際社会のスクラムで、国民をしっかりと守ります!そして、日本が将来も平和であり続けるための努力をお誓いします。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大隈 和英のプロフィール

国際犯罪には断固たる姿勢で臨むのはもちろんですが、大国であるアメリカや中国との関係はもとより、インドやロシアとの新たな関係作りの中から東アジアの恒久平和を模索しなければなりません。欧州諸国及び発展途上国との関係強化も必要です。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城内 実のプロフィール

中国、韓国、ロシア、我が国の領土・了解・領空を脅かす国々に対し、「3対1」でなく、一点突破が大切です。現在のように、尖閣、竹島、北方領土の三方から同時に攻勢をかけられる事態は避けなければなりません。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木原 誠二のプロフィール

尖閣諸島が歴史上も国際法上も、我が国固有の領土であることは明白です。国連の調査(69~70年)で、海底資源埋蔵の可能性がわかるまでは、中国は領有権を主張していませんでした。 しかしながらその後、中国は一方的に領有権を主張し、2008年以降は、民間活動家だけではなく、中国政府自体(公船)が日本の『実効支配』に挑戦してきています。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小泉 龍司のプロフィール

中国が年率10%以上のスピードで防衛費を増大させ、アメリカに次ぐ世界第2位の軍事大国になっています。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件、北朝鮮の韓国砲撃事件・核開発 、またロシア・メドベージェフ大統領が突然北方領土を視察しました。国家の存立が危ぶまれる事象が起きています。果たして私たちは黙って見過ごしていいのでしょうか?!(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小島 敏文のプロフィール

中国、北朝鮮への毅然とした対応(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 馨祐のプロフィール

中国に対しては、友好を唱えるだけでなく、共益へ(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

薗浦 健太郎のプロフィール

核実験の強行や弾道ミサイル発射を通じた北朝鮮による核兵器・弾道ミサイル開発の更なる進展や、中国による透明性を欠いた軍事力の増強と尖閣諸島周辺や南シナ海等への積極的な海洋進出は地域の軍事バランスを急速に変化させつつあり、わが国周辺を含むアジア太平洋地域における安全保障上の課題や不安定要因は、より深刻化しています。国民の生命と財産、日本の領土、主権を断固守ることのできる主権国家を目指します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

田中 良生のプロフィール

私がこの目で見た尖閣諸島は政府がいうような『平穏かつ安定的に維持管理している』状態とは言えぬ、もはや『廃墟』でした。空き家には必ず泥棒が入ります。漁業活動という社会的営みたる実効支配を地震で示してきましたが、議員として領土を守る事に死力を尽くしていきます。長尾たかしは、体を張って領土領海を守ります。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

長尾 敬のプロフィール

日中、日韓関係については、民間交流がリードする形で、関係をさらに深化・拡大していく。(公式サイト、2020年11月27日閲覧)

野田 聖子のプロフィール

時代の流れとともに国交正常化時の経緯を知らない世代が多数を占めるようになりました。また両国にはそれぞれ国家としての矜持、歴史があり、異なる体制があります。しかし、一時のナショナリズムで火が付けばお互いに傷つくことは明白です。私はこの危機的状況を脱するために40年の経験と知恵、交友関係をフルに活用して日中関係の再構築に全力で取り組んでいます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

野田 毅のプロフィール