農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

我が国の食料安全保障、国土と環境、食の安心と健康を守ります。構造改革と流通改善、農家所得と自給率向上、宝の海有明海の再生。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今村 雅弘のプロフィール

農林水産業の成長産業化を強く促進。獣害対策の推進。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

うえの 賢一郎のプロフィール

、産学官の連携をより強化し、品種改良や新たな加工品の開発を促進します。 県や市町村の持つ農業試験場、大学内の研究施設、農林漁業者の自助努力、これらを連動させ、アイディアに富んだ農林漁業を創造します。従来の就農支援制度も拡充し、さらなる担い手の発掘に努めます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

安心安全な食材による地産地消を推進し、食育の大切さを伝えます。中山間地域支援を継続します。緊急燃油対策の実施により水産業を守ります。木材・間伐材の価格安定に向け、林業関係者のセーフティーネットを構築します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

衛藤 征士郎のプロフィール

農業収入保険の導入。農村基盤整備の促進。治山、林道整備と木材の利用促進。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

遠藤 利明のプロフィール

国土保全・食糧確保の観点から、農林水産業の役割を見つめ直す(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大岡 敏孝のプロフィール

食糧安全保障の観点からも食糧自給率を向上させるとともに、農業が食糧生産のみならず、環境対策としても重要であることから、小規模農家や都市農業の持続可能な経営を応援していきます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大河原 雅子のプロフィール

おおさか誠二は農業の所得補償や栽培漁業の充実などにより1次産業基盤を強化し、地域の文化や歴史、人々の暮らしを守ります。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

逢坂 誠二のプロフィール

農業者個別所得補償の制度化(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

岡本 章子のプロフィール

現場本位の『攻めの農林水産業』の推進、食料自給力の強化(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小里 泰弘のプロフィール

また都市農業も見直していくべきだ。誰でも気軽に小さい規模からでも農業を始められるようになれば、健康維持に役立つだけでなく、都市住民の食費の低下にもつながる。土地の適正な利用は、所得が増えない時代でも、生活費の低減と豊かな生活を実現することができる。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

落合 貴之のプロフィール

都市農業を安定的に継続できる税制実現(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

越智 隆雄のプロフィール

農業を成長産業に、担い手育成(公式サイト、2020年12月11日閲覧)

小渕 優子のプロフィール

農林水産業の振興(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

勝俣 孝明のプロフィール

農業の持つ自然環境・社会環境への貢献度についても評価を高め、従事者に夢と希望を与える施策を現実のものとして実現していきます。日本の雇用の約7割を担う中小企業や農林水産業など地方の産業支援に力を入れ、足腰の強い安定した経営を取り戻す努力を重ね、国民への希望と夢の構築に邁進します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

加藤 寛治のプロフィール

海外産の農作物が簡単に手に入るようになったいま、それぞれの地域のブランド力を活かした農業を展開していく必要があります。また、そのための労働力の確保も重要です。『畜産クラスター事業』の推進によって、中小家族経営を含む地域ぐるみでの生産基盤の強化を進め、力強い日本の畜産・酪農を構築します。『改正土地改良法』の推進によって、農家負担のない農地整備事業を活用するとともに、農地中間管理機構をフル稼働させ、担い手の経営発展を支援します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

金子 俊平のプロフィール

農商工連携、6次産業化を進め『攻めの農畜産業』を展開します。農業、農村基盤整備事業、農業施設機械整備事業、農業水利施設の長寿命化等の防災、減災を進めます。鳥獣被害対策実施隊の拡充など、鳥獣被害対策を画期的に強化します。農村、農家の所得向上、担い手育成、女性の働きやすい環境づくりを進めます。農地の集約と高度利用を図ります。畜産の振興(酪農、肉用牛、養豚、採卵鶏別の)経営安定対策の強化を進めます。飼料高騰対策の充実や輸出対策を強化します。本県に根ざした特産物(工芸、茶、甘味資源等)の振興を図ります。鹿児島ブランド農畜産物の国内、海外での販路拡大を進めます。国土保全、水源涵養、集落機能など、多面的機能を維持することに対して、新たな『直接支払い制度』を創設します。日本一のブリ・カンパチ養殖の、一層の振興を図ります。消費拡大に努め、コスト削減のため、種苗の生産と安定供給の取り 組みを推進します。沿岸漁業を振興し、マダイ、ヒラメの稚魚の放流を推進すると共に、藻場の造成を図り豊かな海づくりに取り組みます。日本一の養鰻業の振興のため、シラスウナギの保護管理を進めると共に世界で初めて実現したウナギの完全養殖技術の確立に努めます。漁船の燃油高騰対策を充実するなど、漁業の経営安定対策に取り組みます。『かごしまのさかな』のブランド化を進めると共に、急速冷凍技術など新たな保存・流通技術の導入を促進します。持続可能な森林経営を実現する体制づくりに努力します。県産材の利用拡大を支援いたします。間伐の促進、路網の整備、林業関連機械の導入などの支援を充実させます。木材の加工、流通の低コスト化を支援いたします。国産材の積極的な利用を図るため、地域の農林水産品等と交換できる木材利用ポイント制度を推進します。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

金子 万寿夫のプロフィール

都市農業・漁業の多角経営と林業の6次産業化による大阪農林水産業の発展(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

神谷 昇のプロフィール

平成26年産米の価格下落等に対して万全の対応を行うとともに、米の生産調整の見直しや飼料用米等の本作化を進め、一層の水田のフル活用を図ります。米の生産コストの低減、安定的な取引の拡大、輸出の加速化等により、農業者の所得増大に取り組みます。農商工連携・地産地消・6次産業化を推進します。国内はもちろん、拡大する世界の食市場も取り込むことにより、2020年に6次産業の市場規模を10兆円(現状約2兆円)に拡大し、わが国農林水産業の成長産業化と農業・農村の所得倍増を目指します。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

神山 佐市のプロフィール

農業者戸別所得補償制度を再導入します。遺伝子組み換え、ゲノム編集、農薬について規制や表示を徹底します。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

亀井 亜紀子のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま