農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

儲かる農林業を推進(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

河井 克行のプロフィール

米の全量全袋検査を始めとする農林水産物のモニタリング検査体制の充実強化。TPP協定発効を見据えた足腰の強い農林水産業づくり及び所得倍増に向けた取組の推進。ロボット技術等の先端技術を取り入れた先進的な農業・林業の展開。県産品のアジアを始めとする海外へむけての販路の拡大。漁港・漁場・市場等の早期復旧と本格操業にむけた支援の強化。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

菅家 一郎のプロフィール

農林水産業の振興は、単に食糧を確保するという側面だけでなく、国土を保全し、水源を涵養し、土砂崩れ等の災害を減らすことにも大きく関わっています。うるわしき田園風景や素朴な農山漁村を蘇らせることは、まさに「国家百年の大計」といえるのです。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城内 実のプロフィール

太平洋島嶼国やASEAN諸国に対し、海を起点としたより強固な友好関係・同盟関係の構築。海外の海洋資源開発に挑戦する国内の企業や人材を積極的に応援。海上保安庁の体制・人員の見直し。(沿岸警備隊への編制も視野にして)日本近海の海洋環境保全のための国際連携促進。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

黄川田 仁志のプロフィール

足腰の強い農林漁業の育成でふるさとの豊かな自然を守る、安全な食材を安定して食卓に届ける(公式サイト、2020年12月11日閲覧)

岸 信夫のプロフィール

夢や希望が持てる農林水産業の展開。担い手の育成支援。経営安定対策の充実。販路拡大・6次産業化への支援。農業農村整備事業の推進。農業イノベーションの創出。(技術革新)(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 次郎のプロフィール

漁業・農業に於きましては、地域環境資源を守り世界に、そして、全国に発信できるシステムの構築と後継者問題に取り組みます。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 哲也のプロフィール

都市農地の有効活用、若い世代や意欲ある農業従事者を支援(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 弥生のプロフィール

農産物のブランド化、6次産業化などにより農家の所得を拡大!若者の新規就農支援、ICTを活用した『スマート農業』などにより人手不足を解消!農業経営に女性の参画を推進!(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

国光 文乃のプロフィール

農林水産業への“直接支払い”の本格導入(公式サイト、2020年12月11日閲覧)

玄葉 光一郎のプロフィール

食卓の安全・安心を守るとともに地域の環境保全の観点からもそして子供、孫へ安心して引き継ぐことができる職業として農林水産業を振興していきます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

古賀 篤のプロフィール

日台漁業協定見直しをはじめ、水産業を守る。サトウキビをはじめ、農業を守る。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

國場 幸之助のプロフィール

意欲ある担い手が農地を借りやすくする、企業や法人が農業に参入しやすくする仕組みを構築しなければなりません。農林水産業を守ることは食料安全保障であり、地球環境保全であり、自然保護であります。農山漁村を守ることを国策の重要課題に位置付けます。今後の農業は『攻めの農業』が求められています。国内における農商工連携の推進はもちろん、海外へも日本農産物が輸出できるよう国を挙げて積極的な支援体制を構築します。日本の森林と水源地を守ります。漁業者の安定収入対策に取り組みます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小島 敏文のプロフィール

安全で美味しい農作物を提供することは大切です。この地域で稲作を中心とした農業が続けられる仕組みを提案し、農政改革にも取り組みます。また国産材を活用し林業再生を実現します。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小寺 裕雄のプロフィール

食の安全は安定した国内農林業なくして実現しません。近視眼的な「事業仕分け」の発想では見えてこない長期展望に立った農業政策が必要です。しかも、農村部の過疎化は著しく、第一次産業に携わる人の確保など食料自給力の向上は急務です。法律上の組織で、知事が認可する『事業協同組合』に国や地方公共団体が財政的支援を行い事業者、農協、森林組合、郵便局、民間企業、そして個人が参加するなど新たな持続可能なソーシャル・マネジメントの仕組み作りを進めます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 茂樹のプロフィール

これまでの政策を見直し、水産業を成長産業へ転換します。水産資源の減少は大きな問題です。資源管理型漁業の推進により、持続可能で安定した収入が得られる構造に転換します。海は繋がっていますから、関係国との連携も必要です。国際交渉にも力を注ぎます。これまで、個別の漁協での取り組みに任せてきた海外展開については、輸出戦略を担う組織を立ち上げ、戦略的に展開します。養殖業の大きな可能性を発揮できるよう規制改革に取組みます。すでに国内でも危機感を感じている漁業者の方々の積極的な挑戦が始まっています。政治側からも前向きな取組みを後押しし、地域の漁業者の所得を増やし、持続可能な漁業を実現します。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 史明のプロフィール

農業者への「戸別所得補償制度」を創設して、農業経営を安定させる。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小宮山 泰子のプロフィール

都市農業議連の幹事長として、平成27年4月に議員立法として成立した都市農業振興基本法案の与野党協議を行い、『地産地消』という言葉を盛り込みました。米・麦・大豆の種子を県が高品質・低価格で提供する義務を定めた「種子法」が平成30年4月に廃止。外国の種子メーカーの遺伝子組換えの米が広がりかねません。平成30年4月19日、種子法復活法案をとりまとめ野党共同で提出、筆頭提出者として答弁しました。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

都市農業の推進と地域の交流にもつながる地産地消の奨励。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

坂井 学のプロフィール

農林業振興による自給率の向上。農家自身による集落営農の法人化、集落営農や担い手農家、中山間地農業に対する所得保障(公式サイト、2020年12月11日閲覧)

坂本 哲志のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま