農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

農林漁業の所得確保政策の確立。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐々木 隆博のプロフィール

米価を引き下げる戸別所得保障制度を廃止し、需給対策を実施。農業農村整備事業を拡充し、農地の利用集積を推進。家畜伝染病まん延防止と鳥獣被害対策を強化。国産木材の利用を促進。漁業共済・積立制度の拡充・燃油高騰への対応強化。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐藤 勉のプロフィール

農林水産物の輸出拡大。2020年までに我が国の農林水産物輸出額1兆円を目指します。このため、産地間連携による年間安定供給や規格の統一、輸出相手国の検疫基準の緩和や環境調整コンテナ等船便輸送の促進による流通コストの削減を支援します。(公式サイト、2020年12月14日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

絶滅危惧種のウナギを守る!(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

重徳 和彦のプロフィール

来年完全廃止予定の戸別補償制度を復活させ、農業者の所得を底支えします。後継者や新規就農者を支援する制度を充実し、工業、商業、観光業等との6次産業化を進めます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

階 猛のプロフィール

食は我々の暮らしの基本となるものですし、安全保障上も重要な産業となるものです。日本の農業が更に光り輝くため、担い手の経営発展を支援し、地域の皆様の話し合いを通じた農地の集積を推進し、農業、農村整備を進めて参ります。次の世代の農業を見据え、多様な担い手の育成に向けて政策に取り組んで参ります。地域の農作物の付加価値を高め、6次産業化を進め、農業・農村の所得拡大を目指します。さらに、農業の力を福祉の世界でも活用するという、農福連携の推進にも取り組みます。」 「担い手の確保も課題となっています。新規の就農を促し、IT、ドローン技術の活用を進めるなど国としてできることを最大限行っていくため、これからも農林水産業に取り組む皆様のお声を聴きながら施策に取り組んで参ります。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

新谷 正義のプロフィール

日本の農業・農村の基本である『米作り』生産余力のある農畜産物をオールジャパンで輸出すれば、補助金がなくても続けていける!世界に誇れる『お米』をはじめとした日本の農業の価値と大切さを、国民全体で共有できるよう『食育』をすすめます。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 憲和のプロフィール

農業と食の安全を守る(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

高鳥 修一のプロフィール

『農は国の基』農業は私たちが生きるための食料を育み、自然環境の保護、防災や循環型社会に貢献する産業です。農業基盤整備を促進します。農業者の所得向上を目指します。更なる農作物の輸出を促進します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

高橋 ひなこのプロフィール

農林水産業の振興、特に持続可能性と地域を支えるJAの機能維持を目指します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

武井 俊輔のプロフィール

農林水産業の振興(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

竹下 亘のプロフィール

農林水産物の一層の輸出促進。森林整備、林業イノベーション、新たな木材需要の創出。漁業者への漁業経営安定対策の強化。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

谷川 弥一のプロフィール

米価下落対策/直接支払交付金の年内実施。補正予算で追加対策。果樹農家向け/人手不足解消に向け新規就農者支援。加工・輸出の促進。林業/原木需要の喚起と再造林支援。水産漁業/燃油高騰対策。水産物の消費拡大。本県農林水産物の販売拡大に向け、物流を強化。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

津島 淳のプロフィール

『まち・ひと・しごと創生法』の趣旨を踏まえ、秋田の特性を活かした創業の促進や事業の育成も図りつつ、魅力ある農業と地域コミュニティづくりを進めます。国益を守り、農業の所得向上にこれからも全力をつくします。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

冨樫 博之のプロフィール

TPP他各国との貿易協定の下でも農林水産業者が安心して事業に専念できるようひきつづき国益としての第一産業を守り、魅力ある産業としての確立を図ります。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

冨岡 勉のプロフィール

食料安全保障の観点からも自給率を上げると同時に、自由貿易の枠組みが拡大する現状において、農業でも海外に対しmade in Japanのブランド価値を高める必要があると考えます。また海外から安価な農畜産物が入ってくることは良い面もある一方で、国内の農家を苦しめることにも繋がりかねません。守るべきは守り、攻めるべきは攻め、農業を「稼げる」、更に「魅力ある」産業に成長させていく必要があると思います。担い手不足や度重なる自然災害など、農業従事者にとっては苦しい時代でありますが、これからの時代に合った「農業国家戦略」を描いていく事が大切であります。(公式サイト、2020年12月14日閲覧)

中曽根 康隆のプロフィール

農商工連携・地産地消・6次化を促進するとともに、果樹の基盤整備、輸出体制を強化して成長産業化し、農村の所得倍増を目指します。山を宝に変えるべく、路網整備、自伐林業、木質バイオマス、CLTの促進をします。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

中谷 真一のプロフィール

茨城県は、農業産出額全国2位の農業県。日本の食卓を支えて頂いている農家の方々の所得向上を図るとともに、農業農村の整備促進や輸出強化を図り、強い農業づくりを進めます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

永岡 桂子のプロフィール

農業戸別所得補償制度の法制化 美味しく安全な食を守る。(公式サイト、2020年12月14日閲覧)

長妻 昭のプロフィール

農林・水産の振興と共に従事者の所得向上を目指します!!若者・女性が農林水産分野で活躍できる環境を整え、歴史ある能登の元気な農林水産業を取り戻し、発展させます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

西田 昭二のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま