子育て支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

156人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (156)

自身の公式サイトで「児童手当を18歳まで月額15000円に増額。」と明言

泉 健太のプロフィール

安心子ども基金や子育て応援特別手当で子育て世代の若い母親を強力に支援します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

マタニティーマーク、ベビーカーマークの制定と公共交通機関などへの普及。児童手当、出産育児一時金、妊婦健診助成の拡充で、出産・子育ての経済的負担を軽減。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

太田 昭宏のプロフィール

家庭・学校・地域が一体となって子育てを応援する社会を確立する。子どもが虐待や育児放棄にあわないよう親の子育て環境の改善を図る。ワークシェアリングを促進し、家庭と仕事の両立ができる社会を創造する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

安心して子どもを産み育てることができる環境整備・支援の拡充(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

上川 陽子のプロフィール

労働条件を改善します。2014年11月6日、超党派の「非正規雇用労働者の待遇改善と希望の持てる生活を考える議員連盟(略称:非正規雇用対策議連)」を発足しました。賃金と待遇を見直し、女性も男性も安心して子育てできる社会を目指します。パート、派遣、契約社員の労働条件の向上、正社員化、均等待遇を実現します。長時間労働を規制します。不当な労働を強要するブラックバイト・ブラック企業を根絶します。残業代をゼロにする「ホワイトカラーエグゼンプション法案」を廃案にします。解雇の「金銭解決制度」の導入を阻止します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

社会全体で子育て支援の機運を高める取り組み(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 大人のプロフィール

国民の意識改革と『子育て無償化』により我が国の急速な人口減少に歯止めをかけます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤澤 亮正のプロフィール

母子・父子世帯などのひとり親家庭への支援を拡充します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

子育て・教育環境の拡充(公式サイト、2020年11月16日閲覧)

浅野 哲のプロフィール

『街なかの実家=産後ケアセンター』を推進。助産師や保育士などの専門家サポート提供。妊娠出産の不安をなくす(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

阿部 知子のプロフィール

子育て支援の充実、医療・介護の財政強化で誰もが安心して長生きできる社会を築きます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

安藤 裕のプロフィール

地域で安心して子どもを産み育てられるように、雇用の基盤である中小企業を支援しながら、小さな自治体が元気に自立できる制度を作っていきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

児童扶養手当の拡充などの経済的支援、また生活と子育て自立して行うために、十分な収入が得られるよう、処遇改善、正社員化、研修などのスキルアップへの支援を行います。ひとり親家庭への支援を強化します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

子ども手当(児童手当)の増額と、所得制限の撤廃。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

国をあげての少子対策が必要です。それにはまず、子育てや教育に関する不安をなくしていくこと。私は、チルドレン・ファースト(子ども優先)社会をめざして子どもを生み育てやすい環境をつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊藤 渉のプロフィール

次世代の日本のため、子育て・教育環境の整備は最優先です。誰一人もとり残されることのない、一人ひとりにあった多様な学習体制を整備します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

井上 一徳のプロフィール

24時間対応可能な小児救急医療施設の整備や、子育ての悩みに対応する児童家庭支援センターや児童相談所などを拡充します。企業に男性の育児休業取得を義務付ける「パパ・クオータ(割り当て)制」を導入します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浮島 智子のプロフィール

地域ぐるみで子育てしやすい社会を目指します。利用者が子育てサービスを選び、競い合いによる量と質のレベルアップが実現するよう、保育バウチャー制度を導入します。また、小規模・家庭的保育を含めた多様なサービスの新規参入と規制改革を進め、保護者が本当に必要とするものを充実させます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浦野 靖人のプロフィール

安心して子どもを産み、育てられる社会環境を目指します。就学前の児童手当や医療費の支援を充実させます。仕事と子育ての両立が可能となるよう環境を整備します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

衛藤 征士郎のプロフィール