道州制の導入

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

22人
1人
0人
賛成 95.65%
反対 4.35%
中立 0.0%

賛成する議員 (22)

国の出先機関の廃止、補助金・税配分の見直しなど思い切った地方分権の推進で住民のくらしを支える地方自治体を強化します。そして近い将来、新しい国のかたちとして道州制を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

医療・年金・介護・福祉、そして子育て支援を持続可能なものにするには、二重行政を解消し、道州制の導入を視野に入れた行政改革により財源確保が欠かせません。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋元 司のプロフィール

道州制特区を活用した質の高い観光地づくりの促進(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊東 良孝のプロフィール

道州制、市町村広域連合推進(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

基礎自治体の強化を図りつつ、道州制への移行を目指す。その際、それぞれの地域の選択を尊重する。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江田 憲司のプロフィール

道州制も視野に入れた大幅な市町村の再編と身近な地域自治の両立(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小川 淳也のプロフィール

国のかたちを変える道州制改革(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

奥野 総一郎のプロフィール

都道府県を廃止し、地域主権型道州制を実現します。そのための法整備を早期に進め、国会議員と国家公務員を半減します。(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

首都機能を担える大阪都をつくり、大阪を副首都とすることで中央集権と東京一極集中を打破し、将来の多極化(道州制)を実現する。国からの上意下達ではなく、地域や個人の創意工夫による社会全体の活性化を図る。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

串田 誠一のプロフィール

道州制を実現し、地域のことは地域が自立し責任をもって決められるカタチにする。国が行うことは、外交・安全保障、通貨制度、司法制度、義務教育、総合的な国家戦略分野に限り、産業、国土づくりなどは『州』、福祉などの民生分野は『市』が担う。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

源馬 謙太郎のプロフィール

自民党道州制推進本部の事務局長を務め、2015年07月31日には自身のブログで「私は将来必ず道州制はは必要になってくると思います。」と記している。

坂本 哲志のプロフィール

日本再生のシナリオ、二つ目のビジョンは地方分権の拡充です。私は新しい国の形として道州制の導入を持論として政治活動をしてきました。道州制が定着すれば、新しいふるさと意識が生まれ、同時に行政改革、公務員削減も一気に進むと確信しているからです。県の代わりに新しく「道州」を作り、その下に中核となる拠点都市を置く。国→道州→基礎自治体という新しい国づくり、究極の行政改革を実現しようということです。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

櫻田 義孝のプロフィール

日本の新しい国づくりの実現をめざして、地方自治法などの法改正についても議論を進めていきます。府民の皆さんの声をしっかり受け止め、『地域主権型道州制』の実現をめざし、二重行政の弊害を解消していきます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐藤 茂樹のプロフィール

道州制導入による地方創生の推進。科学技術や情報通信技術の発達に伴い、インフラ整備や災害への備えなどの分野では都道府県を超えた広域的エリアでの意思決定が必要であると同時に可能にもなっています。一方、各地域において、地域固有の課題解決をめざす地方分権や地方創生のICT技術等の推進も求められます。道州制はそうした地域の課題を自主自律的に解決するための有効な方策の一つであり、中央省庁の地方支分部局と府県とが合併するなどの様々な形態も視野に、地方分権改革を推進し、その結果である地方への民間の根幹技術の移転等を促し、大阪の発展につなげます。(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

佐藤 ゆかりのプロフィール

道州制に賛成。グローバル化、人口減少等社会の変化に対応するため、国は、外交、防衛、社会保障制度の全体設計、マクロの経済政策などの役割に集中し、内政は、道州と基礎自治体に任せ、二重行政解消、行政効率化につなげる。(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

西村 康稔のプロフィール

地域の個性を生かす道州制を議論する場の設置(公式サイト、2020年11月9日閲覧)

橋本 岳のプロフィール

地方が活力を取り戻し、自立するための道州制を目指す(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤田 文武のプロフィール

平成の大合併により3,200自治体から1,800自治体になりました。合併はゴールではなくスタートです。基礎的自治体が存分に住民福祉に取り組むことができるよう、税財源の確保を行うとともに、さらに、地方の広域行政を進めることが必要と考えます。将来の道州制を視野に取り組んでいくことが重要だと考えます。将来的には、新しい国のカタチとして、「地域主権型道州制」を目指したいと考えます。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

桝屋 敬悟のプロフィール

道州制を前提にした地域分権の推進(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

渡辺 博道のプロフィール

少子高齢化に加え昨今の経済状況、高齢化社会から超高齢化社会へこれらを鑑みると国力衰退は誰もが抱く不安です。 大都市の人口は増加。一方、人口20万人に満たない地方中小都市圏では人口が大幅に減少すると言われています。 生産人口も減少。地方経済の活力は今以上に失われます。 日本の食料自給率も低い中、農業に重点を置いた政策や地域産業の活性化はもちろん 子育て環境の拡充、教育再生は急務。大都市中心の政治の仕組みから枠組みを変えた道州制導入が必要です。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

井上 義行のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま