公共事業政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

51人
1人
1人
賛成 96.23%
反対 1.89%
中立 1.89%

賛成する議員 (51)

建設現場で働く人の賃上げへ、公共工事の 「労務単価」を引き上げ。リニア中央新幹線の工事実施計画を認可。すでに着工。中小企業の下請け取引改善や事業承継、生産性向上の支援、「信用保証」拡充。東京五輪・パラリンピックに向け、圏央道など首都圏「3環状」整備を前進。公共事業で〝防災、減災、老朽化対策、メンテナンス、耐震化〟を重視する流れを作る。公共事業予算の削減傾向に歯止めを掛け、必要な〝命を守る事業〟進める。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

太田 昭宏のプロフィール

新しい公共を担うNPOへの支援推進(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 大人のプロフィール

郵貯銀行の預け入れ限度額引き上げには断固反対します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

穴見 陽一のプロフィール

行政だけでは対応しきれない災害復興・生活困窮者支援などのニーズに対し、NPOや民間の力を活用する『新しい公共』政策をより一層進めます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

荒井 聰のプロフィール

学校、公共施設などの耐震化を加速して社会資本の前倒し整備を実施します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

携帯電話の利用料金の引き下げを目指します(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

公共事業におけるローカルコンテントの推進(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

地方自治体、学校、NPO、企業、地域社会など、公共サービスの担い手を多様化し、それぞれが十分に連携し合う社会を創る。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江田 憲司のプロフィール

公共施設の耐震補強促進・河川改修、砂防・治山事業の促進で自然災害に強いまちづくり(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

遠藤 利明のプロフィール

おおさか誠二は新幹線・道路・港湾・農業基盤など、地域に必要な公共投資を確実に推進する立場です。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

逢坂 誠二のプロフィール

待機児童問題や、交通渋滞の緩和、密集市街地対策、都市型の地域社会の活性化、子育て、教育、生涯現役促進、鉄道等の公共交通網のバリアフリー化等に対する、市の積極的な取り組みを、私、大塚たかしは国政から全力で応援してまいります。引き続き、豊中の皆様方のご支援をいただき国政を前進させ、地方の活力を取り戻し、子どもたちの安全・安心を守れる未来に希望の持てる社会を実現してまいります。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大塚 高司のプロフィール

高齢化社会に対応するため公共交通機関の再整備(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

勝俣 孝明のプロフィール

地域の環境改善のための公共事業の実施。私は、地域住民の協力と参加を得て、『環境改善のために公共事業』を実施することが必要かつ有意義であると思います。例えば、地域における河川の浄化事業等です。このような事業は、子どもたちによい環境を残すだけでなく、住民参加による民主主義の実践という意義、景気対策としての効果もあり、是非とも検討すべき施策であると考えます(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

国による一方的な公共事業の削減を防がなければなりません。『コンクリートから人へ』は現政権のマニュフェストとなっています。しかし、産業や雇用の安定化を補完する役割があることは無視できません。地域にとって必要な公共事業の一方的な削減は防がなければならないと考えます。地域防災や社会基盤の維持・保全に役立つ公共事業。地域環境を保全するための公共事業(電線の地中埋設化等)(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小島 敏文のプロフィール

必要なくなったムダな公共事業をカットし、福祉産業を育てることによって雇用を吸収していくのです。防災・減災など、真に必要な事業なのかどうか監視が必要です。超党派議員連盟『公共事業チェック議員の会』の副会長としても引き続き、公共事業をチェックしていきます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

近藤 昭一のプロフィール

リニア新幹線の実現(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 馨祐のプロフィール

中間支援組織やNPO団体などを支援する「新しい公共」の推進(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

武内 則男のプロフィール

自民党 超電導リニア鉄道に関する特別委員会の委員長(平成25年~)として、東京-大阪間を1時間で結ぶリニア中央新幹線を、東京-名古屋間と名古屋-大阪間の同時開業を実現するよう全力を注いで取り組んで参りました。ぶれない信念で活動を続けてきた結果、政府がリニア新幹線早期整備を後押しすることが決定し、これまで2045年であった開業年を2037年まで8年前倒しすることになりました。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

竹本 直一のプロフィール

小田原のエア遊具事故を受けて、直ちに大臣へ要望を行い、点検強化や安全に運営する為の指針の徹底へと繋がりました。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

牧島 かれんのプロフィール

都市圏との「人」のつながりをスムーズにする幹線鉄道の高速化、機能強化を進めます。バス・鉄道などのシステム再生で、官民協動による環境に優しい公共交通へのシフトを目指します。。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

務台 俊介のプロフィール