いじめの撲滅

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

28人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (28)

いじめの撲滅に向け、教職員研修を行い、小・中学生に「心の教育」を実施する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

いじめや不登校、発達障害などへの対策を強化するため、スクールカウンセラーやソーシャルワーカー、特別支援教育支援員などの相談や支援体制を拡充します。また、インターネット内での問題行動に対する取組みを強化するとともに、『家庭教育支援法』を制定します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

『いじめ』を防ぎ、解決する取り組み(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

いじめ・児童虐待の防止(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 次郎のプロフィール

いじめによる自殺等の重大事案が生じたときにも、迅速な対応と責任の所在が明確になるよう、教育委員会改革を実行します。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

熊田 裕通のプロフィール

いじめの問題に全力で取り組まなければなりません。17万人を超える不登校者、6万5千人を超える高校中退者を出さないための教育が求められています。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小島 敏文のプロフィール

『いじめ』や『虐待』は子供の健全な成長に多大な影響を及ぼします。子どもセンターの開設等による児童虐待防止に向けた環境づくりを進めます。また、現状把握を担保するために地域に根差した地方議員との連携は不可欠であり、それら多層的な取り組みによるスピード感ある対処と、首長の政治判断による決断が必要です。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 茂樹のプロフィール

いじめに悩む子や自殺を考えている方に対し、SNSで相談できる仕組みをもっと拡大するよう提案。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

いじめや不登校解決のため、スクールカウンセラーなどの充実(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐藤 勉のプロフィール

いじめ防止・道徳教育の充実(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

塩谷 立のプロフィール

「いじめ防止対策推進法』等を踏まえ、いじめ防止、いじめ早期発見及び対処に向けた総合的な対策を実施。体罰の実態把握の結果を踏まえ、体罰未然防止や実態把握、再発防止等を徹底。(公式サイト、2020年11月24日閲覧)

下村 博文のプロフィール

いじめ・自殺対策(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

高木 錬太郎のプロフィール

子どもをいじめ、差別からまもる(公式サイト、2020年11月24日閲覧)

辻元 清美のプロフィール

いじめ対策の実効性を高めるため様々な行政レベルでの協力・改革を目指します。第三者である専門家・有識者・教育関係者の意見も交えて議論を紡ぎます。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

土井 亨のプロフィール

教育行政の責任体 制の明確化、専門家との連携強化などを図り、『いじめ問題』に 的確に対応できる体制づくりを進めます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

浜田 靖一のプロフィール

いじめ防止対策を徹底。早期発見・連絡・解決の体制を整備します。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

日吉 雄太のプロフィール

北海道の学力・運動能力向上、いじめ・自殺防止を進める。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

和田 義明のプロフィール

先生が本来の仕事に集中することで、子どものやる気を引き出し、いじめや差別の芽を摘み、楽しく安心して通える学校をつくる。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

あだち きよしのプロフィール

担任まかせではなく、学校いじめ対策委員会を設置し、複数の先生と地域の専門家等の活動によっていじめを防止し、いじめから必ず救い出すことなどを全ての小中高(国公私立)で義務付け。保護者のため、各学校の対策をHPで公開することも確保。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

小西 洋之のプロフィール

学校現場で子どもや保護者などの心のケアを行う「スクールカウンセラー」と、いじめや不登校、貧困などの問題を抱える子どもの、家庭環境改善を支援する「スクールソーシャルワーカー」の機能強化や、配置充実に向けた法制化に取り組みます。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

下野 六太のプロフィール