TPPの推進

この政策について 未達成

SNSでおすすめする

賛成する政党

なし(現在調査をおこなっています)

反対する政党

なし(現在調査をおこなっています)

中立な政党

なし(現在調査をおこなっています)

賛成する議員 (13)

毎日新聞による2012年の衆院選アンケートでは「賛成」と回答している一方、「コメなど可能な限り多くの例外品目を設けるべきだ」としている

小此木 八郎のプロフィール

自由貿易によって日本は発展を遂げることができました。人口減少時代においては活躍の舞台をさらに世界に大きく広げていくことが不可欠です。米国の離脱でとん挫したTPPを残りの11カ国で発効させ、米国の復帰を促します。英国が離脱する予定のEUとの自由貿易協定を活用すると同時に、英国とも良好な経済関係を継続してまいります。アジア太平洋は成長を続けており、やがて世界で最も人口が多く豊かな地域となります。やがては、この地域全体を包含する自由貿易体制を確立し、その中で、日本の安全で優れた農産物の輸出を拡大してまいります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岩屋 毅のプロフィール

TPP協定発効を見据えた足腰の強い農林水産業づくり及び所得倍増に向けた取組の推進(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

菅家 一郎のプロフィール

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員 (21)

TPPは単なる自由貿易協定ではなく、日本の仕組みを大きく変えることになる協定であることから、TPP交渉参加に反対する。自由貿易のためのFTA(自由貿易協定)、EPA(経済連携協定)は積極的に推進する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

「聖域なき関税撤廃」を前提にする TPP 交渉参加反対(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

TPPを阻止し、若者の第一次産業就労を支援します。日本に不利益なTPPを阻止し、若者が林業・農業・漁業で生活できるよう支援します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

反対する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

中立な議員 (12)

TPP問題では、衆参両院の農林水産委員会において採択された 決議を順守し、国益を踏まえて重要5品目を守ります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

井上 貴博のプロフィール

TPP(環太平洋経済連携協定)参加問題は、参加することによるメリット・デメリットの発生をしっかり検討する必要があります。また、農林水産業及び農山漁村に及ぼす影響その対策も国民的コンセンサスを得ることが前提と考えます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小島 敏文のプロフィール

平成30年11月の予算委員会で、日米二国間の通商交渉の協議において、輸出台数の制限などTPP合意よりも日本に不利となる妥協をしてはならないと指摘しました。また、農業についてもTPP以上に妥協しない確約を求めましたが、特に酪農畜産業への影響が懸念されます。

後藤 祐一のプロフィール

中立な議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする