北朝鮮への圧力強化

この政策について 未達成

政策への賛否(政党)

3党
5党
1党
賛成 33.33%
反対 55.56%
中立 11.11%

中立の政党 (1)

核実験や弾道ミサイル発射といった北朝鮮の挑発行為は、国際社会への重大かつ差し迫った新たな段階の脅威です。米国、韓国、中国、ロシアをはじめとする国際社会との連携と連帯を深め、制裁決議の実効性を高めるとともに、「対話と圧力」「行動対行動」の原則の下、核・ミサイル・拉致といった諸懸案の包括的解決に向けた取り組みを進めます。(2017年マニフェスト、2020年9月28日閲覧) 「北朝鮮には対話より圧力を優先すべきだ」という問いに対して、党の平均は「どちらとも言えない」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

公明党の詳細