温暖化対策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

7人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (7)

脱炭素化などの温暖化対策、エネルギーの安定供給に取り組みます。

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「成長戦略としての再生可能エネルギー・省エネ技術への投資拡大と分散型エネルギー社会の実現」と明言 自身の公式サイトで「パリ協定にもとづく地球温暖化対策の推進」と明言

枝野 幸男のプロフィール

自身の公式サイトで「温暖化国際交渉において、世界最高水準の環境技術を途上国等が採用した場合、ローテクを採用した場合との差額を世界基金から補填するという提案を行います。エネルギー制約を克服するための省エネ投資の加速化や省エネ製品、再生可能エネルギーの開発・導入を促進するため、スマートコミュニティ、スマートハウス、蓄電池、次世代自動車などについて、税制措置や予算措置など抜本的な支援策を講じます。」と明言

甘利 明のプロフィール

自身の公式サイトで「日本における緊急の課題は、やはりエネルギー問題です。私は、これを解決するキーワードは「自立・分散型エネルギーの社会」の創出だと考えています。これは、風力や太陽光など、地域で産み出されるクリーンなエネルギーによって、その地域ごとに、地域全体のエネルギー消費を賄うという循環型社会の発想です。日本全国に、このような住環境を創り、それを日本の誇りとして世界にまで広げていくことが私の仕事であり、使命です。」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「社会のデジタル化・グリーン化を推進。新技術・製品分野の世界標準化推進と基礎研究を重視。」と明言

泉 健太のプロフィール

太陽光パネルや環境対応車、エコポイントによるグリーン家電の普及を促進します。→景気回復にも大きく寄与します。低炭素革命で世界をリードするため、温室効果ガスを、2005年比で15%削減します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

天然ガス・コンバインドサイクルや最新型石炭火力など世界が認める日本の高効率火力発電技術を活用し、国内外に積極的な拡大を図る。新エネルギー、原発に関連する研究・技術開発の拠点として原発立地地域の活用を優先するとともに、脱原発政策で世界に貢献する。蓄電池・燃料電池など、新エネルギーの技術開発を進めて新産業を育成する。省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの普及、エネルギーの地産地消を促進し、地域経済の発展と雇用の拡大を実現する。発送電分離を完全に行い、電力供給体制を抜本的に改革する。それにより、公正な競争を促し、地域分散ネットワーク型のエネルギー地域主権を実現する。内需拡大と完全雇用の実現を目指して、継続的な財政出動を行う。特に、新エネルギー関連産業と福祉関連産業、農林水産業での雇用を創出・拡大する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール