外国人労働者の受け入れ拡大

この政策について 未達成

国民民主党の議員の賛否

14人
7人
22人
賛成 32.56%
反対 16.28%
中立 51.16%

賛成する議員 (14)

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

浅野 哲のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

岸本 周平のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

吉良 州司のプロフィール

"自身の公式サイトで「外国人労働者の東京集中問題について、愛川町など外国人の多い自治体への支援策拡充を予算委員会で提案しました。」と明言 「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)"

後藤 祐一のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

斉木 武志のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

関 健一郎のプロフィール

安倍総理は「移民」という言葉を使いたがりません。しかし、家族の帯同に道を開き、そして永住にも道を開くような制度は、これは国際的に見ればいわゆる移民政策だと私たちは思います。我々は、その多様性を受け入れ、そして外国人とも共生する、そういった社会を築き上げていくのはこれからの日本の一つ進むべき道だと思っていますので、外国にも開かれた、あるいは外国人から見ても働いてみたい、行ってみたい、そういう国になるべきだと思っていますので、その意味では包括的な総合的な外国人受け入れ政策が必要だと思います。(公式サイト、2018年10月31日)

玉木 雄一郎のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

古本 伸一郎のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という質問に対して「どちらかと言えば賛成」(朝日新聞2014衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査、2017年10月)外国人労働者の受け入れ拡大は、私は基本的に賛成です。しかし、今回の改正案では、受け入れ人数の目安や、特定技能1号・2号の対象職種が法案に書かれず、省令に委ねられます。まさに白紙委任法案です。また、現在、技能実習生として日本で働いている外国人の5~6割が、新制度で更に日本で働くことが想定されていますが、技能実習制度そのものが最低賃金、残業、労災などで問題が多く、土台そのものの見直しが不可欠です。日本と送り出し国双方に悪質ブローカーが暗躍しており、この点も対策が取られなければ、新たに日本で働こうとする外国人が、食い物にされかねません。人権尊重に、国籍の違いはありません。省令で決める項目が30ヶ所以上に及び、行政の恣意で運用されかねない、そして日本で働く外国人労働者の尊厳を守ることの出来ない法案は一旦廃案して、私達の対案も踏まえた、より良い中身に作り変えるべきです。(自身のTwitter、2018年11月28日)

前原 誠司のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

緑川 貴士のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

森田 俊和のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

谷田川 元のプロフィール

自身の公式サイトで「外国人労働者受け入れ体制の整備による農業労働力の確保」と明言

羽田 雄一郎のプロフィール

「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

横沢 たかのりのプロフィール