加藤 勝信

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 岡山県 5区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 65歳
誕生日 1955/11/22 00:00
SNS

政治家以前の経歴

東京都に生る。1979年東京大学経済学部卒業。大蔵省。衆議院議員加藤六月秘書。自由民主党総裁特別補佐・報道局長、厚生労働部会副部会長、社会保障制度に関する特命委員会事務局長。岳父・加藤六月(衆議院議員)

データの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする
  • 選択的夫婦別姓

    2014年の朝日新聞・東京大学谷口研究室による共同調査では「反対」と回答している

    男女平等参画 (1)
  • 原発ゼロ

    「原発は日本に必要だと思いますか。」という質問に対して「必要だ」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月)

    エネルギー (3)
  • 最低賃金の引き上げ

    6月26日、第56回中央最低賃金審議会が開催され、今年の地域最低賃金の改定に関する諮問が行われた。諮問した加藤勝信厚生労働大臣は、6月3日に開催された全世型社会保障検討会議での安倍首相の「新型コロナウイルス感染拡大による企業業績の急速な悪化を受け、本年度の最低賃金の大幅引き上げに慎重な姿勢で臨む」という引き上げに後ろ向きな発言を受け、「中小企業・小規模事業者が置かれている厳しい状況を考慮して検討する」と審議会に求め、賃金を抑制するように注文をつけた。(全労連「【談話】コロナ禍だからこそ最低賃金の大幅引き上げと地域間格差の解消を」2020年6月29日)

    景気・経済 (9)
  • LGBT支援

    2018年7月24日の記者会見で、杉田水脈衆議院議員の「新潮45」2018年8月号での「LGBTは生産性がない」という寄稿について質問された際、「個々のお一人おひとりの発言について一つひとつコメントすることはこれまでも差し控えさせていただいておりましたが、[…]厚労省としては様々な環境におられる方々がそれぞれの希望と思いを実現できる様々な施策を推進させていただいている。広く言えば共生社会の実現を進めているわけでありますから、引き続きそうした観点に立って施策を推進したいと思います。」と回答した。

    マイノリティ (4)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 格差・貧困対策

    経済競争力向上と社会的格差の是正どちらを優先するかという問いに対し、「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)

データの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする
SNSでおすすめする

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

就任 退任
総務会長 調査中-
厚生労働部会副部会長 調査中-
社会保障制度に関する特命委員会事務局長 調査中-

内閣での役職

就任 退任
厚生労働大臣働き方改革担当 調査中-

国会での役職

なし