甘利 明

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 神奈川県 13区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 71歳
誕生日 1949/08/27 00:00
SNS

政治家以前の経歴

神奈川県厚木市出身。1972年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。(株)ソニーに入社。1983年12月、第37回衆議院議員総選挙に旧神奈川3区から、父の地盤を引き継いで新自由クラブ公認で出馬し、初当選。衆議院決算行政監視委員会委員。父・甘利正(元衆議院議員)

  • 中小企業・小規模事業者支援

    自身の公式サイトで「地域経済を支える中小・小規模事業者の潜在力や底力を最大限発揮してもらうため、それぞれの企業のニーズに応じたきめ細かな支援策を講じます。相続税が課税強化される中、中小企業における事業承継税制の活用を促進するための適用要件の見直しを行います。生産性が高いのにグローバル化していない中小企業等の「臥龍企業」の海外展開について、JETRO の助言機能や中小企業診断士の活用に加えて、商社など大企業の OB を活用したマーケティング支援や、政策金融公庫、民間の金融機関等による資金調達支援などの各種支援を、ワンストップサービスで対応する「海外展開戦略室」を設置する等、オールジャパンの支援体制で積極的に後押しします。」と明言

    景気・経済 (9)
  • 消費税増税

    2017年10月第48回衆議院議員総選挙前に行なわれた毎日新聞のアンケートで、「消費税率は2019年10月に10%に引き上げることが決まっています。これに賛成ですか、反対ですか。」との質問に対して、「賛成」と回答した。

    景気・経済 (9)
  • 最低賃金の引き上げ

    2015年11月24日、甘利明経済再生担当相(当時)は経済財政諮問会議後の記者会見で、最低賃金を2020年代半ばには全国加重平均で1000円に引き上げたいと述べた。

    景気・経済 (9)

データの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする
  • 金融緩和の継続・強化

    2019年11月11日、都内での講演で、アベノミクスの物価目標2%の達成は非常に厳しいと指摘、個人的見解として「(物価)1%でも、デフレ脱却と言っていいのではないか」と述べた。

    金融 (2)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という問いに対して「どちらかと言えば将来も原子力発電は電力源のひとつとして保つべきだ」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)

データの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ 結婚前の名字を称することを、法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 治安維持

    「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (10)
  • 財政出動

    「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

データの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする
SNSでおすすめする

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

就任 退任
選挙対策委員長 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

就任 退任
衆議院決算行政監視委員会委員 調査中-