玉木 雄一郎

玉木 雄一郎

国民民主党・衆議院

政党名 国民民主党
議会 衆議院
選挙区 香川県 2区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 51歳
誕生日 1969/05/01 00:00
SNS

政治家以前の経歴

香川県立高松高校、東京大学法学部卒業。93年、大蔵省入省。97年、米ハーバード大学大学院(ケネディスクール)修了。2005年、衆院香川2区から総選挙に出馬するも惜敗。09年初当選、当選4回。15年、民進党代表選に出馬。19年から国民民主党代表。

賛成する政策

  • 「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現

    成長するアジアとの戦略的連携を推進。特に、地方空港や港湾の整備による、地方都市とアジア諸都市との直接交流による経済・文化交流の促進(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    外交 (6)
  • 奨学金制度の拡充

    大学、専門学校の給付型奨学金を拡充し、対象を限定した上で無償化を検討(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    教育 (6)
  • 憲法改正

    国民民主党の玉木雄一郎代表は7月25日、インターネット放送「文化人放送局」の番組に出演し、憲法改正議論を進める立場を明言した。(ハフポスト、2019年07月26日)

    憲法 (2)

賛成する政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政策

  • 日米同盟の維持・強化

    「地位協定」の見直しと、沖縄の基地負担軽減(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    外交 (6)
  • 消費税増税

    落ち込んだ消費を下支えするために1年間の期限を区切って消費税を減税し、景気の回復を見定めながら、国際的な法人税の課税の適正化や、高所得者への所得課税、資産課税の強化を行う。(論座、2020年7月7日)

    景気・経済 (8)
  • 辺野古での新基地建設

    国民民主党の玉木雄一郎代表は21日、名護市辺野古の新基地建設現場を海上から視察した。政府が軟弱地盤の改良に向けた設計変更に着手することに関して、「変更の手続きは経るべきで、沖縄県との対話も深めないといけない。民意を無視して強引に工事を進めることがあってはならない」と述べた。(沖縄タイムス、2019年1月21日)

    外交 (6)

中立的な政策

なし(現在調査をおこなっています)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
国民民主党 --

政党での役職

就任 退任
代表 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

就任 退任
国家基本政策委員会 調査中-
委員憲法審査会 調査中-
幹事 調査中-